大学病院でのレーシック手術について

大学病院でもレーシック手術を受けられるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学病院でもレーシック手術を受けることは可能です。しかし、大学病院の場合は費用やドクターの経験値などの面でデメリットが発生する可能性もありますので、きとんと調査をしてから判断しましょう。

大学病院の手術費用はレーシック専門医院よりも高め


ネームバリューや規模の大きさを考えると、「手術を受けるなら、小さなクリニックよりも大学病院のほうが安心!」と考える人もいるかもしれません。しかし、レーシックは特殊なジャンルですので、大学病院で手術を受ける場合は若干デメリットが生じることもあります。

まずは費用面です。レーシックは基本的には保険適応外治療ですので、病院によって価格が大きく異なりますが、一般的に大学病院の方が施術価格が高いと言われています。都内の有名大学病院では両目合わせて「約50万円前後」という価格を設定しているところもあるようです。

手術費用だけではなく、前後の診察料金やメンテナンス費用も割高になる可能性もあるので注意しましょう。これに対して、専門クリニックでは約半額に近い価格で手術を受けることができます。

レーシック専門医院は最新機器が充実


レーシックに使用する機器は常に進化しています。より安全で精巧なレーシック手術を実現するためには、これらの最新機器を最大限に活用することがベストです。大学病院の場合はそこまでレーシック患者が多くないため、どうしてもレーシック最新機器の導入は後回しになっているのが実情です。

しかし、専門クリニックの場合は、競合クリニックに劣らないためにも、常に最新機器を積極的に導入しています。クリニックによっては、複数の最新機器を用意した上で、患者に最適な機器をセレクトして施術をしてくれるところもあります。

高価な最新機器を購入しても、レーシックを受ける患者数が多いので比較的効率よくイニシャルコストを回収できるため、専門クリニックでは施術料金を低く設定することもできるというわけです。

大学病院にレーシック専門ドクターはいる?


レーシックはデリケートな手術なので、ドクターの腕の良し悪しも大変重要になります。レーシック専門クリニックには、当然のことながら高い技術力と豊富な経験を誇る専門ドクターが在籍しているので安心です。

しかし、大学病院の眼科ドクターは、毎日レーシック手術だけを担当しているわけではないので、どうしても専門クリニックに比べると実績が劣ってしまうこともあります。どうしても大学病院で手術を受けたいという場合は、担当ドクターの経験や使用機器なども含め、しっかりとリサーチをするのが良いかもしれません。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック