レーシックの再手術について

レーシックで再手術を受けることもあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術後に視力が思ったほど回復しない場合や、レーシック手術による後遺症が深刻な場合、ごく稀ではありますが再手術を行うこともあります。

十分な角膜の厚さが確保されていれば再手術は可能


現在のレーシック手術の成功率は非常に高く、「レーシック手術を受けた人の約99%が、視力を1.0以上まで回復させることができている」というデータを打ち出すクリニックもあります。しかし、ごく稀にレーシック手術後に思うように視力が回復しないケースもあります。

その際には、再手術を検討することになるかもしれません。ただし、再手術を受けるためには十分な角膜の厚さが確保されていなければなりません。もともと角膜が薄い人などは、再手術に不適切な可能性もあります。レーシック手術前の適性検査時に、自分は再手術が可能か否かをドクターに判断してもらうと安心です。

1回目だけは無料で再手術ができる


ほとんどのクリニックでは、レーシック手術を行った後に定期健診を無料で行ってくれます。検診は手術の翌日、1週間後、3ヶ月後を目安に実施されます。クリニックによっては、1年や3年など期間を設定し、その期間内は無料で随時検診を行ってくれるというシステムを採用しているところもあります。

この定期健診時に視力の回復が見られない、もしくは以前よりも低下しているという診断結果が出た場合は、レーシック再手術が実行される可能性があります。もちろん、クリニックが定める定期健診時以外でも、普段の生活中で「視力が回復していない」と感じた場合は、すぐにドクターに相談しましょう。

再手術は、大概のクリニックで1回目だけ無料で行うことができます。ただし、これはクリニックの設定している保証内容によって異なりますので、レーシック手術を受ける前にこの保証内容もきちんと確認しておきましょう。

後遺症が深刻な場合も再手術を検討


レーシック手術による後遺症が深刻な場合も、再手術を検討することがあります。例えば、夜間の光がぼんやりにじんだり、必要以上にまぶしく見える「ハロ・グレア現象」。ハロ・グレア現象はレーシック手術を受けた後、多くに人に起こる現象ですが、基本的には数ヶ月で改善されます。

しかし、ハロ・グレア現象が長期間解消されない場合は、レーシック手術時のレーザー照射範囲のミスが原因となっている可能性もあります。この場合は再度適切な位置にレーザーを照射するために、再手術が必要となることもあります。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック