レーシックの手術時間について

レーシックの手術時間とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「手術」と聞いただけで、「長い時間を要する…」とイメージする人も多いかもしれませんが、レーシック手術自体は10分〜15分程度で終了してしまいます。ただし、手術前後の検査等に時間がかかる場合もありますので、事前に確認をして、慌てずゆっくりとレーシック手術に挑みましょう。

レーシック手術の具体的な流れは?


レーシック手術は、まず眼の洗浄と消毒からスタートします。そして、その後に麻酔を目に点眼します。これでひと通りの準備は完了ですが、ここまでに要する時間は数分程度でしょう。そして、いよいよレーザーを照射していきます。まずは「眼圧」を確認するためのレーザー照射を行いますが、これは時間にして約10秒ほどです。

そして次に角膜の表面を削ってフラップを形成しますが、これも約10秒ほどで終了です。そしていよいよフラップをめくって、視力を矯正するための本照射が行なわれます。本照射をする時間は患者によって微妙に異なります。近視か遠視か乱視か、そしてそれらの症状の度合いによっても照射時間が変わってきますが、だいたい20秒程度で完了です。

本照射後はめくったフラップが元に戻され、眼の洗浄、フラップの乾燥、抗生剤と抗炎剤の点眼というプロセスを経て手術はすべて終了です。このすべての工程が約10分〜15分程度で済んでしまうのです。レーシック手術は入院は必要なく、日帰りで気軽に行うことが可能です。

レーシック手術を受ける前に「事前検査」が必須


レーシック手術自体は10分〜15分程度で終了しますが、どのクリニックでも必ずレーシック手術を受ける前に「事前検査」を実施しています。レーシックの事前検査では、主に2つの項目を確認します。まずは目のコンディションをしっかり確認して、レーシック手術をしても問題がないかどうかを確認します。

レーシック手術を実施しても問題がないと判断された場合は、レーシック手術でどのくらい角膜を削るかを事前確認していきます。これは手術を行う際の貴重なデータとなります。具体的な確認項目は、視力、角膜の厚さ、角膜のカーブ度合い、眼底や水晶体のコンディション、乱視の症状があるかどうかなどです。

この事前検査にどのくらいの時間を要するかはクリニックによって異なりますので、時間が心配な方は事前に電話で問い合わせてみるとよいかもしれません。事前検査は無料で実施しているクリニックもあれば、有料のケースもあります。レーシック手術後のトラブルを回避するために、手術後の定期健診を実施しているクリニックもありますので、その時間も念頭においておきましょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック