ラグビー選手のレーシック手術について

ラグビー選手でもレーシック手術は受けられるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグビー選手でもレーシック手術を受けることは可能です。

レーシック技術の進化でスポーツ選手も安心


レーシック手術の大きな特徴の一つが、特殊なレーザーによって「フラップ」を形成することです。格闘技やボクシングなど激しく体を動かすスポーツをする人は、フラップがズレてしまう可能性があるためにレーシック治療には不向きだと言われていました。

しかしラグビーは体全体で相手にぶつかるスポーツとはいえ、顔面に衝撃を受けたり頭を大きく揺さぶるスポーツではないため、レーシックに比較的順応できるスポーツと言えるでしょう。さらに近年はレーザー技術がどんどん進化しているので、格闘技やボクシングなど激しい運動をする人々でも安心して受けることのできるレーシック治療も登場しています。

慎重派には「エピレーシック」や「ラセック(LASEK)」がオススメ


ラグビー選手の場合は通常のレーシック手術でもOKですが、慎重派の人は格闘選手やボクサー向けの「エピレーシック」という方法を選択することもあるようです。エピレーシックとは、「エピケラトーム」という最先端の機器でフラップを作成するというのが大きな特徴です。エピケラトームで生成するフラップは非常に薄く、約50μm程度しか厚みがありません。

そして最終的にはフラップ自体が消滅してしまうので、衝撃や刺激によってフラップがずれてしまうという心配がありません。そして最近では「ラセック(LASEK)」という方法も注目が高まっています。ラセックはアルコールを使った手術方法を採用します。

角膜の一番外側をアルコールでふやかしてからレーザーを照射することで、エピレーシックと同様、非常に薄いフラップを形成することができます。この薄いフラップは手術後2週間程度で再生されます。

ラグビー選手の視力の良し悪しはプレーに影響


スポーツ全般に言えることではありますが、ラグビーも例外に漏れず視力はプレーに影響を与えます。視力の弱い人が裸眼でプレーをすると、当然のことながら景色がぼやけて見えるでしょう。その状態で大勢の人とぶつかりあったり、全力で走るというのは非常に危険なことですし、本人も恐怖心を覚えるでしょう。

とはいえ、体を大きく動かすのでメガネの着用には不安があります。万が一メガネが割れてしまったら、グラスが破損して目を傷つけてしまう可能性もあります。コンタクトレンズもすぐにはずれてしまって、あわててベンチで予備に付け替える選手もいるようです。そんなラグビー選手たちの悩みを解決してくれるレーシック治療は、これからさらに注目を集めることになりそうですね!

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top