レーシック手術と網膜剥離の関係について

レーシック手術を受けると網膜剥離になりやすい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術によって、網膜剥離になる可能性はゼロだとは断言できません。しかし、レーシック手術によって網膜剥離が発症するケースは非常に稀なので、あまり過度な不安を抱く必要はないでしょう。

網膜剥離とはいったいどんな病気?


まずは網膜剥離という病気について説明しましょう。網膜剥離は、眼球の内側の「網膜」と呼ばれる膜がぺろりと剥がれてしまい、これによって視力が低下する病気です。網膜が剥がれても痛みを伴わないので、気が付きにくいというのが難点です。

網膜剥離による視力低下の度合いは人それぞれですが、中心部にある「黄斑」と呼ばれる部分まで剥がれてしまうと、視力が急激に低下して最悪の場合は失明に至る可能性もあります。網膜剥離は、加齢や糖尿病などの病気が原因で発症することもありますが、事故やスポーツによる衝撃で、頭部や眼球へ大きなダメージが加わったことで発生することもあります。

網膜剥離になってしまう可能性は非常に低い


レーシック手術を行う際に、まずは角膜に「フラップ」というフタ状のものを形成していきます。そのフラップを形成するために、角膜周囲を吸引したり、眼球を特殊な機具で固定をすることがあります。

その際に、多少眼にストレスがかかることはあるでしょう。このストレスによって網膜剥離になってしまう可能性は、確かに0%ではありません。しかし、このようなケースは非常にレアですので、あまりナーバスになる必要はないでしょう。

事前検査と手術後の検診で、さらに安心!


どのクリニックでもレーシック手術前にはきちんと事前検査を行って、患者ひとり一人の目や角膜の状態を詳しくチェックします。もし角膜が若干デリケートだと判断した場合は、眼にかかる圧力をミニマムに抑えた「ピーアールケー(PRK)」という方法をセレクトすることもできます。

もちろん、網膜に何らかのトラブルが発見された場合は、手術を受けること自体をクリニックがきちんと止めてくれるはずです。もし、網膜に何かしらの疾患が見つかった場合、まずはその治療を行って、その後レーシック手術を受けることもできます。レーシック手術後も、定期的な検診を無料で実施しているクリニックがほとんどです。

万が一網膜剥離が発症していた場合でも、この手術後の検診で判明する可能性が高くなります。網膜剥離は不治の病というわけではありません。早期に発見さえできれば、治療によって完治することができます。もちろん完治すれば、視力も今までどおりに回復する可能性が十分にあります。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top