レーシック手術後の視力低下について

レーシック手術後に視力が低下することもあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術によって視力が回復した後でも、再度視力が低下してまう可能性はゼロではありません。レーシック手術後に視力が低下してしまう主な原因は、目を酷使することによるものだと言われています。これは自分の心がけ次第で回避できることですので、必要以上に不安になることはないでしょう。

近くのものを長時間見続けるのは危険


せっかく時間とお金をかけてレーシック手術を受けても、すぐに視力が戻ってしまっては元も子もありません。レーシック手術後の視力低下を避けるためには、長時間目を酷使することのない生活を心がけてください。例えばパソコン作業を長時間継続したり、近くのものを長い時間見続けることのないようにしましょう。

人間の目は、近くのものを長時間見続けていると自然に「調節力」という力が働きます。調整力が働くと「水晶体」と呼ばれる箇所の周囲にある「毛様体」に変化が発生します。

すると今度は、この「毛様体」の変化を防ごうと、角膜に異変が生じます。せっかくレーシック手術で平坦にした角膜に、再度カーブがかかってしまうのです。このカーブによって、再び近視になってしまう可能性があるのです。

手術前に強度の近視だった人は要注意!


特に、レーシック手術前に強度の近視だった人は視力の低下が起こりやすいと言われていますので、十分に注意しましょう。パソコンや読書など目に負担のかかる作業を行う際には、できるだけ短時間で済ませたり、間にきちんと休憩タイムを設けるようにしてください。

レーシック手術を受けた後の視力低下を避けるために、遠視用の眼鏡(近くを見ても遠くを見てるのと同じ効果が得れるため)をくれるクリニックもあります。それでも不安な人はレーシック手術後に定期的に検診を行い、随時自分の視力をチェックして、万が一視力の低下が現れた場合はすぐに医師に相談すると良いでしょう。

再手術に頼らずに、視力低下の回避に努めよう


レーシック手術後に視力が低下したり、人によっては乱視の症状が発生する場合もあります。このような症状が現れた場合、再手術という選択肢もあります。クリニックの保証内容によっては、再手術は無料で受けられる場合もあります。

しかし、どんなにレーシック手術の安全度が高いからといって、安易に再手術をするのはオススメしません。レーシック手術は角膜を削りますが、一度削った角膜が元に戻るわけではありませんので、何度も手術を受けることはできません。「視力が低下したら、また再手術を受ければいいか…」と考えるのではなく、手術終了後に視力低下を回避できるように心がけましょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top