レーシック手術による副作用について

レーシック手術による副作用とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術後に発生する可能性が高い副作用は、主に「ドライアイ」と「ハロ・グレア現象」です。しかし、これらの副作用は時間の経過と共に自然と改善されることがほとんどですので、必要以上に心配することはありません。

レーシック手術後にドライアイになる理由は?


レーシック手術の際に、角膜部分に特殊なレーザーを照射します。このレーザー照射によって「屈折率」を調整し、「屈指異常」を改善するのです。この工程で、涙の分泌を促している神経も切り取ってしまいます。これによって、レーシック手術直後は涙の分泌量が減少し、ドライアイ現象が発生するのです。

レーシック手術後のドライアイは、人によって異なりますが、だいたい3ヶ月程度で改善すると言われています。そのくらいの時間が経過すると、手術の際に切り取った涙腺の神経が回復するからです。

ドライアイは軽い症状であれば日常生活に支障をきたしませんが、症状が悪化すると痛みや角膜の炎症を伴うこともあるので注意しましょう。こまめに目薬をさしたり、目に負担を与える作業を減らすなどして、症状を軽減できるようにしましょう。

瞳孔が大きい人は「ハロ・グレア現象」が起こりやすい?


レーシック手術のもう一つの副作用が「ハロ・グレア現象」です。これは「ハロ現象」と「グレア現象」と呼ばれる二つの現象の総称で、どちらか一つの現象だけが発生する人もいれば、両方発生する人もいます。ハロ現象もグレア現象も、暗いところで明るい光を見た際に違和感を感じます。

ハロ現象は、暗いところで光を見ると、光がにじんで霞がかかったようにほんやりと見えてしまいます。グレア現象は光が放射状に拡散して、にじんで見えてしまう状態です。「ハロ・グレア現象」は、瞳孔が大きい人ほど起こりやすいと言われています。瞳孔が大きい人は「瞳孔径」と呼ばれる箇所が、レーザーを照射する範囲よりも大きくなるため光が「乱屈折」してしまうためです。

ドライアイ体質の人や瞳孔の大きい人でもレーシック手術は可能?


もともとドライアイ体質の人や瞳孔の大きい人でも、レーシック手術が不可能というわけではありませんので、あきらめずにまずはドクターに相談してみましょう。最近では、「涙点プラグ」という治療法も登場しています。

涙の流出口となる「涙点」に特殊なプラグを差し込んで、涙の量を調整する方法です。瞳孔の大きさも手術前に測定をして、「ハロ・グレア現象」が発生する可能性や、発生した場合の度合いなどを確認してみましょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top