レーシック手術と眼圧の関係について

レーシック手術を受けると眼圧が下がる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術を受けると、「眼圧」が低下するという話を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、これは事実ではありません。レーシック手術後は眼圧があくまでも“数値上”低くなっているだけなのです。これは眼圧を測定する際に使用する「眼圧計」や「角膜の厚み」に原因があります。

眼球を一定の大きさと形に維持するための「眼圧」


そもそも、「眼圧って一体何?」という疑問を抱いている方も多いでしょうから、まずは眼圧について説明しましょう。眼圧とは、眼球の中を満たしている「眼内液」によって発生する圧力のことです。この圧力は大気圧よりも若干高く、この差が「眼圧値」として表示されます。

眼圧が働くことによって、私たち人間は自分たちの眼球を、常に一定の大きさと形に維持することができているのです。眼圧を一定値に維持しているのが「房水」と呼ばれる液体です。私たちの目の中には「角膜」や「水晶体」などの組織が存在しますが、実はこれらの組織内には血管が通っていません。

私たち人間の細胞のほとんどは血管を通じて運ばれてくる栄養成分を土台にして機能を維持していますが、血管がない角膜や水晶体内では、循環している房水が血液の代わりを務めてくれているのです。

角膜の厚みが眼圧の測定値に影響


眼圧を計る際には「非接触眼圧計」という機器を使用します。非接触眼圧計は、まず眼に空気を当てて、それによって角膜がどのくらい凹むかで眼圧を測定するという仕組みになっています。しかし、このとき角膜の厚みが測定値に影響してしまうのです。

角膜に厚みがあれば、正確な眼圧値を測ることができるのですが、角膜が薄いと低い測定結果が出てしまうのです。レーシック手術は角膜を削って、屈折率を変更するすることで視力を矯正する治療方法です。当然のことながら、手術終了後は角膜が以前よりも薄くなっていますので、眼圧測定値は低くなってしまいます。

しかし、これは正しい数値ではありませんので、必要以上に不安になることはありません。もし眼圧を測定する機会があったら、正しい数値を測定するためにも、担当医師に「自分は過去にレーシック手術を行けたことがある」ということを伝えるようにしましょう。

ちなみに、眼圧と関係が深い目の病気が「緑内障」です。レーシック手術後に眼圧の測定値が下がったからといって、緑内障が進行しやすくなったり、緑内障を発症した場合に治療を受けられないなどの可能性はありませんのでご安心ください。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top