レーシック手術とドライアイの関係について

レーシック手術でドライアイになるって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術を行った後は、ドライアイになることが多いのは事実です。レーシック手術では角膜部分に特殊なレーザーを照射して、屈折率の調整を行います。この際に涙の分泌を調整する神経を切り取ってしまうので、手術直後は涙が十分に分泌されずドライアイ現象が発生すると言われています。

3ヶ月程度でドライアイ症状は改善


レーシック手術のドライアイは一時的な症状であって、3ヶ月程度で切り取った涙腺の神経が回復し、それと共にドライアイの症状もなくなるはずです。レーシック手術を受けたら、今後ずっとドライアイ体質になってしまうという問題ではないので安心してください。しばらくの間は目薬で水分を補うなどの方法で対処しましょう。それでも気になる方は、専門のドクターに相談をしてみることをオススメします。

そもそもドライアイとは何?


ドライアイはその名前の示すとおり、目が乾いてしまう症状です。通常目は涙で潤っていて、この潤いが外の細菌や異物から目を守ってくれるのです。しかしパソコンなどで目を酷使したり、コンタクトレンズを着用したすることによって涙の量が減ってしまうと、目の表面が乾いてドライアイが発生します。

ドライアイになると目が通常より疲れやすくなったり、痛みやかゆみをともなうこともあります。軽い症状なら日常生活に大きな支障をきたすこともありませんが、症状が悪化すると我慢できないほどの激しい傷みを感じたり、角膜が傷ついて炎症を起こしてしまうこともあるので要注意です。

コンタクトの長時間の使用や、視力が弱いのに無理に文字を読もうとすることもドライアイの原因になります。レーシック治療で視力を回復させて、コンタクトレンズの使用を控えたり、目の負担を軽減することができれば、結果的にはドライアイの回避にもつながるのです。

ドライアイ体質の人はレーシックを受けられるのか?


もともとドライアイに悩んでいる人でも、レーシック手術を受けることができます。基本的にレーシックを受けることができないのは、角膜異常や目の病気を抱えている人、未成年や妊娠中の人などです。

レーシック手術によってドライアイが悪化するのが心配だという人は、涙の流出口となる涙点にプラグを差し込んで、涙の量を調整できる「涙点プラグ」という治療法でドライアイの症状を改善してからレーシック手術を受ける方法もオススメです。まずはレーシックを始める前に、専門医に相談をしてみると良いでしょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top