レーシック手術の怖さについて

レーシック手術は怖い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術は部分麻酔を使用して行うので、手術自体に痛みを感じることはありません。しかし、痛みをほとんど感じないとはいえ、やはり体の一部を切ったり削ったりする外科的手術であることに変わりありませんので、手術前や手術中に「怖い」と感じる人もいるでしょう。

恐怖心を抱えたまま手術に挑むのは、精神的に良くありません。また、恐怖心から発生する余分なストレスや筋肉の緊張によって、本来は感じることのない痛みまで気になってしまうかもしれません。まずはレーシック手術詳細をしっかり理解したうえで、安心してレーシック手術に挑みましょう。

麻酔がしっかり効いているので手術中の痛みは無し


まずは、余分な不安を解消するために、レーシック手術に関する「痛み」を理解しておきましょう。レーシック手術は全身麻酔で行うことはできませんので、どうしても、意識のある状態で手術を受けることになります。しかし、麻酔がしっかり効いているので、手術中に痛みを感じることはほぼありません。

ちなみに麻酔も注射ではなく点眼タイプですので、麻酔を処方する際に大きな痛みを感じることもないしょう。レーシック手術終了後に麻酔がきれると、目にゴミや異物が入ったような軽い痛みが徐々に現れてきます。ただし、この痛みはクリニックから処方される専用の目薬によってだいぶ緩和されますので、心配は要りません。手術後の痛みは、数日程度で自然と感じなくなります。

レーシック手術後も過度な心配は不要


痛みだけではなく、レーシック手術後に発生しうる「リスク」に対して恐怖心を覚える人もいるかもしれません。まれに「レーシック手術で失敗すると、失明することもある」と思いこんでいる人もいるようですが、実際にレーシック手術のミスで失明をすることはありません。

日本だけでなく世界を含めても、「レーシック手術が失敗して失明した」という報告はゼロです。レーシック手術は、眼球内部に直接影響を与える手術ではありません。あくまでも角膜の屈折率を調整するだけの手術ですので、失明につながるような失敗は発生しないと考えて大丈夫です。

手術後にいくつか副作用が発生する場合もありますが、これらの副作用は時間がたてば自然と解消されるものばかりです。こういった痛みやリスクは術式によっても微妙に異なってくるので、事前にドクターに詳しく確認しておくのがオススメです。レーシック手術の安全性の高さやメリットをしっかり知っておけば、余分な恐怖心から開放されることでしょう!

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック