レーシック手術後のカラコンの利用について

レーシック手術後にカラコンは利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術後にカラコンを使用することは可能です。ただし、手術直後の使用は危険性が高いので、最低でも術後一ヶ月程度経過してから着用するようにしましょう。また、術後の経過次第では一ヶ月以上たってもカラコンの使用が難しい可能性もあるので、きちんとドクターに相談をしてから判断するようにしましょう。

レーシック手術後一ヶ月程度で着用は可能


カラコンに限らず、一般的なコンタクトレンズはレーシック手術後一ヶ月程度経過していれば問題なく着用することができると言われています。それ以下の日数で着用してしまうと、感染症などのトラブルが起こってしまう可能性がゼロではありません。いずれ後悔しないためにも、一ヶ月間はきちんと我慢しましょう。

ただしレーシック手術から一ヶ月以上経過しても、目のコンディションが優れなかったりドライアイが解消されていないなどの不安要素がある場合は、安易にカラコンを着用せずにドクターに相談をするようにしましょう。

また、レーシック手術後にハードコンタクトレンズを着用すると、目に痛みや違和感を感じることがあります。そんなときは決して無理をせず、速やかに着用をやめてクリニックで診察を受けることをおすすめします。

レーシック手術直後のカラコン着用は危険!


余分なトラブルを避けるためにも、レーシック手術直後のカラコン着用は我慢しましょう。視力を矯正するためのソフトコンタクトレンズには、非常に厳しい基準や規格が設けられており、それをすべてクリアした良質な商品だけが市場に出回っています。しかし残念ながら、カラーコンタクトレンズはこの限りではありません。

カラコンは規格や基準が統一されていませんので、メーカーによって品質が異なります。通常のコンタクトレンズよりもやや安全性が劣りますので、角膜が不安定な状態にあるレーシック手術直後は、目に傷をつけたり感染症を引き起こす可能性がゼロではありません。術後一ヶ月程度経過して角膜の状態が安定すれば、問題なく着用ができるので、ひとまず一ヶ月間は我慢しましょう!

きちんと医師のアドバイスを聞いて着用!


レーシック手術後にカラコンを着用する場合には、必ず医師に相談をしましょう。基本的に角膜の状態が安定(術後1ヵ月程度)していれば、カラコンの装着はできますが、その判断ができるのは医師のみです。術後1ヵ月経過したからといって、自己判断でカラコンを装着するのは賢い選択とは言えません。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top