手術前後に関すること

手術前後に関すること

レーシック手術前の飲酒に関しては、ほとんどのクリニックで特別な制限を設けていないようです。ただし、最も良い状態で手術を受けるためには、できれば手術前日の飲酒は避けることがベターだと言われています。それに対して、手術後の飲酒に関しては厳しく禁酒期間を設定しているクリニックが多いようです。手術前は体調を最高の状態に整えるのがベストレーシック手術前にお酒を飲むことは「禁止」ではありませんが、手術のリスク...

レーシック手術後の経過は個人によって差がありますので、ドクターに判断を仰ぐ必要がありますが、目のコンディションが安定していれば、一般的には手術の翌日以降であれば読書をすることが可能だと言われています。レーシック手術の翌日以降から可能レーシック手術後に、自分の思い通りの生活ができるかどうかは重要な問題です。最近はパソコンを使った仕事をする人も増えていますし、読書に限らず、細かい書類に目を通したり長い...

レーシック手術後は、ゴーグル(保護用メガネ)を着用する必要があります。これは手術後の目を保護するために非常に大切なものですので、ドクターの指示に従ってきちんと着用するようにしましょう。保護用メガネを着用する目的は?レーシック手術が終了すると、クリニックから専用の目薬と保護用メガネを渡されるでしょう。目薬の方は、ドライアイや目の痛みなどが発生した場合に使用するものです。そして保護用メガネは、レーシッ...

ピアスなどの金属製品は、レーシック手術に使用するレーザー機器に悪い影響を与える可能性があるため、手術の前にはすべて体から外さなければなりません。どうしても外すことができなければ着用したままでもOK基本的には手術前にすべての金属を外す必要がありますが、どうしても外せないという場合は、ドクターのOKが出れば身に付けたまま手術を行うことも可能です。例えば、ピアスの穴を開けて時間が十分に経過していない状況...

レーシック手術後にカラコンを使用することは可能です。ただし、手術直後の使用は危険性が高いので、最低でも術後一ヶ月程度経過してから着用するようにしましょう。また、術後の経過次第では一ヶ月以上たってもカラコンの使用が難しい可能性もあるので、きちんとドクターに相談をしてから判断するようにしましょう。レーシック手術後一ヶ月程度で着用は可能カラコンに限らず、一般的なコンタクトレンズはレーシック手術後一ヶ月程...

ベストコンディションで手術に臨むことが何より重要です。手術の前日はよく睡眠を取り、しっかりと体調を整えて手術当時に備えましょう。また、手術をする数日前からコンタクトレンズは使用できません。また、病気で薬を服用している場合は、制限を受けることがあります。服用をしている薬がある場合は、事前検査の際に必ず医師にお伝えしましょう。手術前の検査の内容は?検査の内容は医療機関によって差はありますが、主に以下の...

レーシック手術を受けた後の注意点について、解説をしましょう。手術後の注意点は大きく分けて以下の5つです@入浴について手術を受けた当日は入浴はできません。手術をした直後に眼に洗剤が入ると、感染症を発症する可能性があるからです。入浴は手術の翌日から可能です。A仕事について手術を受けた翌日から仕事は可能ですが、2日、3日は軽めの仕事にしておきましょう。それ以降はハードに働いても問題ありません。B運動につ...

page top