7万円、8万円のレーシック手術について

レーシック手術は7万円、8万円でも受けられる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年レーシック手術の人気が高まると共に、価格のリーズナブル化も進んでいます。大手クリニックでは、なんと7〜8万円という低価格のレーシック手術プランも増えてきました。レーシック手術の相場は20万円〜30万円と言われている中で、この低価格はかなり魅力的です。

ただし、この価格帯のレーシック手術を受けられるかどうかは、その人の目の状態によっても異なります。近視の度合いによっては、このタイプの手術では視力回復が期待できない場合もあるのです。しかし、軽度近視の人なら、7〜8万円の手術でも視力を矯正できる可能性が高くなります。

安くても質が低いわけではない


料金が安いからといって、レーシック手術の術式や施術内容に大きな違いがあるわけではありません。「安いレーシックを受けると、トラブルの発生する可能性が高くなる?」という心配も必要ないでしょう。

レーシック手術は基本的に保険適応外の自由診療のために、各クリニックで料金を自由に設定することができるのです。そのため、広告費用や人件費などを抑えることができれば、低価格化は可能なのです。

低価格のレーシック手術を受ける必要条件


低価格のレーシック手術を受けるには、いくつか満たしておくべき条件が提示される場合もあります。例えば、某大手クリニックでは7、8万円台のレーシック手術を月曜〜金曜の平日午前中限定で提供しています。

また、あるクリニックでは軽度の近視の人のみが対象となっています。強度近視の人や乱視が入っている人は、より性能の高い機器を使用する必要があるため費用が高くなる傾向にあります。また、普段体を激しく動かすスポーツ選手などは、フラップがずれにくい術式でないと難しいため、低価格レーシック手術を受けることができないこともあります。

価格帯によって使用する機器が異なることも


低価格のレーシック手術の場合は、使用する機器が高い価格のレーシック手術と異なります。高額なレーシック手術は最新機器を使用していたり、手間がかかっても、患者ひとり一人の状態にベストマッチするオーダメイド手術法を採用していることもあります。

しかし、必ずしも最新の機器を使用していなくても、過去の症例数が多くて安全性が高いと言われている機器で手術を受けることができれば十分でしょう。まずは事前にドクターからきちんと説明を受けて、自分が受けようとしている手術プランが自分の眼や角膜の状態に合っているか、使用する機器の信頼性が高いかどうかを確認しましょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top