レーシック手術と動体視力の関係について

レーシック手術を受けると動体視力は上がる?下がる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術を受けて視力が回復すれば、動体視力もアップします。静止視力と動体視力は比例関係にあるので、レーシック手術によって静止視力が向上すれば、それに合わせて動体視力も上がるのです。

「静止視力」と「動体視力」の違いは何?


ひと言で「視力」と言っても、実は様々な種類の視力が存在します。私たちは状況や用途によって、その視力を使い分けているのです。私たちが健康診断や眼科等で測定する視力は「静止視力」と呼ばれるものです。静止視力はその名前の通り、静止しているものをどのくらい遠くまで見ることができるかを計るものです。

静止視力はメガネやコンタクトレンズを用いたり、レーシック治療で矯正することができます。静止視力に対して、動いているものをどれだけ見分けられるかを計るのが「動体視力」と呼ばれるものです。

動体視力は主に運動をするときに重要になってきます。例えば、速いスピードで飛んでくるボールをどこまで目で追うことができるかは、動体視力の良し悪しによって異なります。スポーツ選手が動体視力を気にするのは、動体視力がプレーにも影響してくるからなのです。

動体視力と静止視力は比例関係にある


静止視力はトレーニングによって鍛えることが難しいのに対して、動体視力は日頃の反復練習によって向上させることができます。しかし、動体視力と静止視力は比例関係にあるため、静止視力が悪ければどんなにトレーニングを重ねても動体視力を向上させることには限界があります。

そんなときにオススメなのがレーシック手術です。レーシック手術で静止視力を向上させることができれば、それと共に動体視力もアップします。ちなみに、静止視力と比例関係にあるのは動体視力だけではありません。色の違いを見分ける「コントラスト感度」や大型免許や二種免許取得に関わってくる「深視力」も、静止視力向上と共にアップします。

レーシックはスポーツ選手にもオススメ


レーシックはメガネやコンタクトレンズよりも、スポーツ選手に向いている視力矯正方法です。激しく動くとメガネが破損してしまったり、破損したメガネの破片で目を傷つけてしまう恐れがあります。コンタクトレンズもプレー中にずれたり紛失してしまう可能性もあります。

その点、破損や紛失の恐れがないレーシック治療なら安心です。近年では技術の進化と共に様々なレーシック最新機器が登場しており、よりスポーツ選手に適したレーシック治療法も増えてきているので、ぜひチェックしてみてください。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top