レーシック手術と運転免許の「眼鏡等」の条件について

レーシック手術を受けると運転免許の「眼鏡等」の条件はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術によって視力が回復したら、運転免許センターにて一度視力検査を行いましょう。そこで視力に問題がないことが分かれば、「眼鏡等」の条件を外すことができます。

そもそも免許証に「眼鏡等」の条件が加わる基準は?


運転免許を取得するためには、事前の適性検査に合格する必要があります。その中に「視力検査」も含まれています。運転をするためには視力が一定の条件を満たしている必要があります。もし裸眼の状態でその条件を満たしていない場合は「眼鏡・コンタクトレンズ等」で視力を矯正する必要があります。

運転免許を取得するためには、「片目でそれぞれ0.3以上、両目で0.7以上」または「矯正によってその条件に達すること」が必要となります。そして「眼鏡・コンタクトレンズ等」で視力を矯正することでその条件に達することができた場合には、「眼鏡等」という条件が運転免許証の「条件欄」に記載されることになります。

「眼鏡等」という条件が記載された人は、もし眼鏡もコンタクトレンズも着用せずに裸眼で運転をした場合、「違反行為」となってしまいますので注意しましょう。

運転免許センターに行って改めて視力検査を!


レーシック手術等で視力が回復した場合は、この「眼鏡等」の条件を外すことができます。手続きは簡単で、免許を発行している運転免許センターに行って改めて視力検査を受け、問題がないことが分かればOKです。

最近はレーシック手術を受ける人が増えてきたので、「眼鏡等」の条件の書き換えを希望する人も多くなったことにより、免許センターだけでなく免許の更新などを行う警察署等でも変更できるところが増えてきたようです。

この「運転免許証の条件解除」の手続きは特に料金なども発生せず、検査を受けたその日に条件解除の旨が記載された免許証を受け取ることができます。持参するものは運転免許証のみで、新しい写真などは必要ありません。

視力が回復したら、なるべく早く条件解除の手続きに


一点、注意してほしいことがあります。レーシック手術を受けて「視力がすっかり回復した!」と言って、早速裸眼で車を運転しようとする人もいるかもしれません。しかし、条件解除の手続きが完了するまでは、免許証に「眼鏡等」の条件記載のある人が裸眼で運転することは、違反行為になってしまいます。

しかし、現実的に視力が回復しているのに、運転をするときにだけわざわざ眼鏡やコンタクトレンズを着用するのも違和感があるでしょう。なるべく早く条件解除の手続きに行けるように、レーシック手術を受けることが決まった時点で、あらかじめ免許センターに行く時間を確保しておくと良いでしょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top