レーシック手術が受けられる条件について

レーシック手術が受けられる条件とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術は誰でも無条件に受けられるわけではありません。条件によっては、レーシックを受けることができない人もいます。レーシック手術を検討している人は、まず自分がすべての条件をクリアできているかどうかを確認しておきましょう。

レーシックを受けることができないのはどんな人?


以下のような条件に該当する場合は、レーシック手術を受けることができません。

17歳以下の人

17歳以下の人はまだ眼球が成長過程にあるため、近視や遠視などの症状が進行中である可能性があります。せっかくレーシック手術を受けても、その後近視や遠視が進行してしまえば、また視力が低下してしまうのでレーシックを受けた意味がなくなってしまいます。

妊娠中もしくは授乳中の女性

妊娠中は女性ホルモンのバランスが不安定になるので、レーシック手術には適していません。手術時に使用する麻酔が母体や胎児に悪影響を与える可能性もあります。また手術後に服用する薬品が母乳にまったく悪影響がないとは言い切れませんので、授乳中の女性もレーシック手術を受けることができません。

視力が著しく低い人

近視や乱視の度合いがあまりにも強く、メガネやコンタクトレンズでも矯正が不可能な場合は、レーシックを受けても視力を改善できない可能性があります。

眼に何かしらの疾患やトラブルがある人

目の病気を抱えている人もレーシック手術を受けることができません。目の病気とは具体的には、白内障、緑内障、網膜疾患、角膜ヘルペスなどです。

眼以外でも疾患やトラブルがある人

直接眼に関係しなくても、糖尿病や膠原病などの病気を抱えている人はレーシック手術を受けることができません。もし現在服用中の薬がある場合は、その薬がレーシック手術後に角膜疾患などを引き起こす可能性がないかどうかも事前に確認しておきましょう。レーシック手術が絶対に不可能ではないにしても、風邪や疲労などで体力が低下しているときは避けるのがベターです。

適応検査や無料相談にて事前確認を


これらの条件は一般的なものですが、クリニックによってはさらに細かい条件が設定されている場合もありますので、必ず事前に確認するようにしましょう。レーシック手術を受ける前には必ず適応検査を受けることができます。

この適応検査で諸々確認することもできますし、もっと気軽に相談したい場合は対面やメールにて「無料相談」を行っているクリニックもあるのでぜひ利用してみてください。普段はあまり知ることのない自分の目のコンディションを把握する、よい機会になるかもしれませんね。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top