レーシック手術と老眼の関係について

レーシック手術を受けると老眼になりやすい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術を受けたことで、老眼になりやすくなることはありません。老眼は水晶体付近の老化現象によって起こるものなので、角膜を削るレーシック手術がその症状に影響を与える可能性はないのです。

そもそも、老眼はなぜ起こる?


人それぞれれタイミングは異なりますが、一般的には45歳〜50歳くらいの時期に老眼減少が発生すると言われています。老眼は目の中にある「水晶体」と呼ばれる箇所やその周辺の筋肉の動きが加齢と共に鈍くなり、近くの物を見るときにピントの調整ができなくなってしまうという症状です。つまり、近くの物が見えにくくなりますので、近視とは逆の症状になります。

レーシック手術は、老眼の原因となる水晶体にはノータッチ


レーシック手術は角膜に特殊なレーザーを照射することで、屈指率を改善して視力を矯正する治療方法です。老眼の原因となるのは水晶体付近の老化ですが、レーシック手術の際にこの付近に触れることはまったくありません。ですから、レーシック手術と老眼現象が関係することはまずないと言ってよいでしょう。

一部で「レーシック手術を受けると老眼になりやすい」という噂が流れているようですが、そのように誤解されるのには理由があります。例えば、軽度の近視の人がレーシック手術などの矯正治療を行わず、裸眼で生活しているとします。この人は近視によって近くの物にピントが合っている状態ですので、老眼になっても近くの物が比較的見やすいのです。

この場合、自分が老眼になってもそれを自覚しにくいということになります。しかしレーシックで近視を治療すると、老眼に気がつくのが早くなるというわけです。もしレーシック手術後に急激に近くの物が見えにくくなった場合は、「レーシック手術を受けたせいで老眼が始まった」と思い込まずに、まずはドクターに相談をしてみましょう。

すでに老眼に悩んでいる人にはレーシックカムラがオススメ


すでに老眼に悩んでいるという人は、品川近視クリニックのレーシックカムラがオススメです。角膜を削って屈指率を改善するレーシック手術では老眼を治すことはできませんが、レーシックカムラなら老眼の治療が可能となります。レーシックカムラは、「カムラインレー」という特殊なレンズを角膜内に挿入します。

カムラインレーは直径3.8ミリ薄さ5ミクロンと非常にコンパクトなので、付け心地・見た目共に違和感はありません。もともと視力が弱いという人は、従来のレーシック治療とレーシックカムラを同時に受けることも可能です。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top