その他のよくあるご質問

よくあるご質問一覧

近年レーシック手術の人気が高まると共に、価格のリーズナブル化も進んでいます。大手クリニックでは、なんと7〜8万円という低価格のレーシック手術プランも増えてきました。レーシック手術の相場は20万円〜30万円と言われている中で、この低価格はかなり魅力的です。ただし、この価格帯のレーシック手術を受けられるかどうかは、その人の目の状態によっても異なります。近視の度合いによっては、このタイプの手術では視力回...

レーシック手術によって視力が回復したら、運転免許センターにて一度視力検査を行いましょう。そこで視力に問題がないことが分かれば、「眼鏡等」の条件を外すことができます。そもそも免許証に「眼鏡等」の条件が加わる基準は?運転免許を取得するためには、事前の適性検査に合格する必要があります。その中に「視力検査」も含まれています。運転をするためには視力が一定の条件を満たしている必要があります。もし裸眼の状態でそ...

レーシック手術費用の支払いには、ローンを組むことも可能です。特に大手クリニックでは、金利をクリニックが負担してくれたり、支払い回数を自由に選択できたりと、便利なローンプランが色々用意されています。費用面が心配でレーシック手術を躊躇しているという人は、ぜひ一度チェックしてみてください!金利はクリニック全額負担などのお得なケースもありレーシック手術は近年徐々に低価格化が進んでいるとは言われていますが、...

レーシック手術を受けて視力が回復すれば、動体視力もアップします。静止視力と動体視力は比例関係にあるので、レーシック手術によって静止視力が向上すれば、それに合わせて動体視力も上がるのです。「静止視力」と「動体視力」の違いは何?ひと言で「視力」と言っても、実は様々な種類の視力が存在します。私たちは状況や用途によって、その視力を使い分けているのです。私たちが健康診断や眼科等で測定する視力は「静止視力」と...

レーシック手術を受けたことで、老眼になりやすくなることはありません。老眼は水晶体付近の老化現象によって起こるものなので、角膜を削るレーシック手術がその症状に影響を与える可能性はないのです。そもそも、老眼はなぜ起こる?人それぞれれタイミングは異なりますが、一般的には45歳〜50歳くらいの時期に老眼減少が発生すると言われています。老眼は目の中にある「水晶体」と呼ばれる箇所やその周辺の筋肉の動きが加齢と...

レーシック手術は非常に安全性の高い手術です。これまでに「レーシック手術が原因で失明した」という報告は、世界を見渡しても1件もありません。ただし、施術に使用する器具の殺菌・消毒がきちんと行われていないなど、クリニック側が衛生管理を怠ったことが原因で、感染症やトラブルが発生してしまうケースはゼロではありません。手術を受けるクリニックは、専門ドクターがいる信頼度の高いところを選ぶようにしましょう。レーシ...

レーシック手術は誰でも無条件に受けられるわけではありません。条件によっては、レーシックを受けることができない人もいます。レーシック手術を検討している人は、まず自分がすべての条件をクリアできているかどうかを確認しておきましょう。レーシックを受けることができないのはどんな人?以下のような条件に該当する場合は、レーシック手術を受けることができません。17歳以下の人17歳以下の人はまだ眼球が成長過程にある...

レーシック手術の「永久保証」とは、手術後のアフターフォローを無期限で永久に保証してもらえる制度のことを指しています。再手術を無料で受けられる期間が「一生涯」永久保証は、レーシック手術を受けると必ず付随してくるものではありません。ほとんどのクリニックでは、レーシック手術の保証に関しては「手術後3年〜5年」など、期間を設定しています。もし永久保証を希望する場合には、オプションで追加料金を支払ったり、ク...

レーシック手術にかかった費用は、年末調整では還付されません。しかし、サラリーマンの方でも確定申告を行えば、「医療費控除」の対象となります。レーシック費用はクリニックによっても異なりますが、一般的に数十万円は必要ですので、医療費控除を賢く利用しましょう。医療費控除の仕組みについてまず、医療費控除の仕組みについて理解しておきましょう。医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を医療機関に支払った場合...

リスクが少なく安全性の高い治療法として注目が高まっているレーシック手術ですが、いくつか問題点があるのも事実です。いざ手術を受けた後に慌てないためにも、問題点は事前にきちんと理解しておきましょう。レーシック手術による術後の副作用や感染症のリスクレーシック手術後はいくつかの副作用が発生する可能性があります。例えば、夜間の光が必要以上にまぶしく感じてしまう「ハロ・グレア現象」や、眼が乾いてしまう「ドライ...

page top