レーシック手術を受けても視力が回復しないこともあるのか?

レーシックを受けても視力が回復しないケースとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力が悪い眼


レーシックを受けて視力が回復しないケースは非常に少ないですが、中には視力が両眼で0.01以下など、強度の近視の人がレーシックを受けても視力が1.0まで回復しないことがあります。レーシックはほぼ確実に視力が向上する手術ですが、もともとの視力があまりにも低すぎると、やはりそれに応じてレーシックの効果の上限も下がってきてしまいます。

強度の近視だと視力が回復しにくい理由


強度の近視(視力が0.01以下)の人が、レーシックを受けても視力が回復しにくい理由について具体的にご説明しましょう。レーシックは角膜をレーザーで削ってその上にフラップを作り、レンズの屈折率を調整することで、視力を回復させる方法です。

ところが、近視の度合いが強ければ強いほど、その分多くの角膜を削らないとレンズの屈折率の調整することができなため、強度の近視の人ほど削る角膜の量は多くなってしまうのです。

しかし、削り取ることができる角膜の量には限りがるため、強度の近視の人の場合は、レンズの屈折率を完璧に調整できないことが多々あります。これこそが強度の近視の人がレーシックを受けても視力が回復しにくい理由です。

また、角膜を削り過ぎると角膜拡張症になったり、万が一視力が回復しなかった場合に再手術が受けられないため、医師も慎重にならざるおえません。そうは言っても生まれつき角膜が厚い場合もあるので、必ずしも強度の近視であることが理由で、視力が回復しないとは言いきれません。その判断ができるのは医師だけです。

視力が回復しないケースを回避するために


レーシックを受けても視力が回復しないとう事例はほとんどありませんが、一昔前に比べてもその確率は低くなっています。なぜなら、多くのクリニックでイントラレーシックと呼ばれる手術法を導入するようになったからです。

イントラレーシックは、通常のレーシックと違ってレーザー照射のみで角膜を削ります。しかも綿密にコンピューター制御されたレーザーによって角膜を削っていくため、従来のレーシック手法によりも角膜を削る量を減らしても、レンズの屈折率を矯正できるフラップが作れるようになりました。

イントラレーシックの登場により、これまでレーシック手術を受けられなかった強度の近視の人でも、手術が受けられるようになりました。ただ、イントラレーシックと言えども100%視力が回復するとは言いきません。しかし、医師とよく相談の上、試してみる価値は十分にあると思います。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top