レーシック手術は痛くないのか?

レーシック手術は痛い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

痛みなく手術を受ける様子


レーシックは角膜をレーザーメスで削り、水晶体の屈折率を変えることで視力を矯正する手術です。そう聞くととても痛みがありそうに思えますが、術中にはほとんど痛みはありません。手術は局部麻酔で、施術前に点眼麻酔を用いますので、痛みはもちろん、ほとんど何も感じないまま終わるでしょう。

まれに全身麻酔を希望される人がいますが、全身麻酔は強力な麻酔を使い、その量を誤ると意識障害や呼吸困難などが起こる危険もあります。そのため、全身麻酔は麻酔の扱いが非常にデリケートですので、あまりおすすめできません。

また、自分が気付かない内に麻酔アレルギーになっている場合もありますので、施術前のカウンセリングやスクリーニング検査の際に担当医とよく相談しましょう。

レーシックの術後の痛み


一般的なレーシックは、手術中に痛みを感じことはほぼ100%ありません。しかし、術後の麻酔が切れたころにチクチクとした痛みやゴロゴロとした異物感を感じることがしばしばあります。しかし、これはあくまでも一時的な症状で、数日もすればほとんど普段通りに戻ると言われています。

術後に痛みや異物感があるときは、できるだけ眼に刺激を与えないように安静にしておきましょう。かゆいからといってつい反射的に眼をこすりたくなりますが、レーシックは目の角膜をレーザーで削る繊細な施術ですので、ちょっとした刺激にも敏感に反応し、悪影響が出てしまいます。

また、むやみやたらに水ですすいだりするのも危険です。どうしても 術後の痛みや異物感が気になる場合には痛み止めや消炎鎮痛剤を処方してもらうと良いでしょう。ただし、独断で市販の目薬などを注すのは要注意です。必ず担当医の指示を仰いでから使用しましょう。

この術後の痛み・異物感ですが、これがおさまれば視力が順調に回復しますので、必要以上に心配することはありません。尚、エピレーシックやラセックなど、特殊な医療機器を用いるレーシックの術後は痛みを感じるケースが多く見られます。

これは切開したフラップのキズが回復していく際に生じる痛みで、個人差がありますが、1日から10日前後で自然と治まります。ズキズキとした痛みよりも、タマネギが目に染みるヒリヒリとした感じに似た痛みだと言われています。その際には眼がより敏感な状態になっていますので、保護用のメガネを着用します。また、どうしても痛みが引かない場合には同様に点眼薬や消炎鎮痛剤を使用しましょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top