レーシックを受けてから視力はどのくらいの期間で回復するのか?

レーシック手術後にどのくらいの時間で視力は回復する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力がよい眼


レーシックを受けてから視力が回復するまでの時間は、手術前の近視の程度や手術の種類によっても違います。ただ、一般的に9割以上人は手術を受けた次の日には、メガネやコンタクトレンズを使わなくても周りがよく見えるようになっていることが多いです。

ただし、最大限視力が回復するまでには2,3ヵ月はかかります。あくまでもイメージですが、手術を受けた次の日の視力が1.0で、2ヵ月後、3ヵ月後に1.5になる方が多いと思います。

万が一視力の回復が遅れても焦ってはいけない


レーシックを受けた9割以上の人は手術を受けた次の日に大きく視力が回復していると聞くと、もし自分が次の日になっても視力が回復してなかったらどうしよう?と思われるかもしれませんね。しかし、これはレーシック手術が失敗したからではありません。

人によっては手術を受けた日から2日後、3日後に大きく視力が回復することもあります。レーシックは角膜を削り、その上にフラップを作りレンズの屈折率を調整して視力を回復させる手術です。

角膜を削った上に作ったフラップが安定するまでに、人によっては時間がかかることもあります。手術を受けた次の日に視力が回復しないからといって、手術が失敗したと判断するのは時期尚早です。

選んだ手術によっても視力回復のスピードは異なる


レーシックにはいくつかの種類がありあすが、その中でもエピレーシックは視力の回復に時間がかかります。エピレーシックの場合、角膜を削ってフラップを作るという点では他のレーシックと手術手法は同じなのですが、後にプラップが剥がれ落ちて新しい角膜が形成されるというメリットがあります。

この手術は頭部に打撃を受けることが多い格闘技選手なんかに人気の手術なのですが、事情があって早期に視力を回復させたいという方には向きません。まとめると視力が回復するまでの時間は、眼の状態(近視や乱視の程度)と選択した手術によって変わります。

これについてはインフォームド・コンセントの際に担当の医師から説明があるのが一般的ですが、万が一説明不足だった場合は自ら確認をしておいた方がよいでしょう。いずれにしても視力の回復が早いか遅いかで、手術が失敗したと決まることはありません。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top