レーシック手術のメリットについて

レーシック手術にはどんなメリットがあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックを受けた女性


レーシックのメリットは、費用などの経済的な面や安全性・リスクなどさまざまな要素から考えることができます。ここでは特にコンタクトレンズとの比較を通して、レーシックのメリットについて検証してみます。

費用


レーシックの手術費用は、施術を受ける医療機関や手術の種類によって差はありますが、都市部ですと20万円余りのところが多く見られます。一見高額に見えますが、使い捨てコンタクトレンズにかかる費用に比べればお得と言えます。

使い捨てコンタクトレンズにかかる費用は、1年間でおよそ7万円と言われており、レーシックを受けて3年間経てば元が取れる計算です。さらに都市部の大手クリニックの場合、地方からの患者には交通費補助などのサービスが設けられているケースも珍しくありません。

また、レーシックは健康保険こそ適用できませんが、医療費控除の対象になりますし、生命保険や医療保険に加入している場合、手術給付金が支給されることが多いです。これらのことを考えても、レーシックの方がコンタクトレンズよりも費用面でお得と言えます。

安全性


コンタクトレンズとレーシックの安全性については、さまざまな議論があります。コンタクトレンズは現在では非常に広く浸透していますが、目に大きな負担をかけてしまい、視力が徐々に落ちると言われています。

特にハードコンタクトレンズの場合、事故などで失明の原因となるケースも見られ、案外リスクの高い矯正器具であると言えるでしょう。その点レーシックでは現在まで失明の事例は全く見られず、きちんとした技術のある医療機関で手術を受ければ、術後に視力が落ちることはまずありません。そういった意味では、やはりコンタクトレンズよりもレーシックの方が安全性が高いと言えます。

手間


レーシックとコンタクトレンズを比較したとき、やはり手間の面ではレーシックの方が圧倒的に楽でしょう。裸眼で過ごすことができますし、コンタクトレンズ独特の「目がゴロゴロした感じ」もありません。コンタクトレンズの保存液を買う必要もありませんし、取り替える手間も省けます。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック