レーシック手術と医療保険の関係について

レーシック手術に医療保険は適用できるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術に医療保険が適用できるかどうかは、加入している保険の種類によって異なります。まずは自分の加入している保険の内容を、よく確認するようにしましょう。自分では判断ができない場合は、保険会社に電話などで問い合わせてみると確実です。

ちなみに、保険会社に問い合わせをする際には、「レーシック手術」という表現は使わずに、レーシック手術の正式名称である 「レーザー角膜屈折矯正手術」と言うようにしましょう。

医療保険の「手術給付金」の対象になる可能性あり


基本的に視力を矯正するレーシック治療は、「自由診療」にあてはまるため健康保険は適用されません。そのため、レーシック手術費用は年々リーズナブルになってきているとはいえ、平均して10〜30万円程度が相場となっています。

この費用がネックになって、レーシック手術を迷っているという人もいるかもしれません。しかし、レーシック手術は健康保険は適用されないものの、医療保険の「手術給付金」の対象になる可能性があります。

医療保険を請求する際には診断書が必要


医療保険とは、病気やケガによる入院・手術などにかかる費用を保障してくれる保険契約です。もしあなたの視力異常が日常生活に大きな支障を与えるものであったり、健康被害をもたらすものであった場合は、その視力異常は「病気やケガ」と認められ、手術給付金が支給される可能性があるのです。

医療保険を請求する際には、医師によって発行された診断書が必要となります。まずは病院に行って診察を受けて、診断書を入手することからスタートです。診断書の発行には数千円〜1万円程度の費用がかかります。

手術給付金の金額は3万〜10万円程度が相場


レーシック手術で支給される手術給付金の金額は、保険の契約内容などによって異なりますが、だいたい3万〜10万円程度支給されるケースが多いようです。この金額は保険の種類によって異なるのはもちろんですが、加入時期や年齢、診断書内容など、その他の条件によっても異なりますので、事前にきちんと確認をするようにしましょう。

近年はレーシックがメジャーになったために、手術を受ける人の数も増加しています。そのため、「レーシック手術は対象外」という契約内容に変更する保険会社も増えてきているので、早めの判断が得策かもしれません。現在大手では、東京海上日動あんしん生命、大和生命、三井住友海上きらめき生命などがレーシック手術を給付金対象として認めているようです。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック