レーシックの定義について

レーシックとは角膜屈折矯正手術のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーザーメスでの手術


レーシックは従来のコンタクトレンズなどの器具を用いずに、レーザーメスを用いた手術で視力を矯正する手術を指します。レーシックはLASIK(Laser in Situ Keratomileusis)の略で、1990年代にギリシャ人眼科医が角膜切開手術を開発し、当時最新の医療器具であったエキシマレーザーを開発したアメリカで爆発的に広まりました。

日本では全国の眼科やレーシック専門医療機関で受けることができ、現在では日本で10万人以上、アメリカでは毎年100万人以上がレーシックを受けています。

レーシックの仕組みは?


人間の眼球の水晶体はレンズの役割をしており、外部から入った光はこのレンズを通して屈折し、網膜に像を結ぶことによって視覚認識を行っています。ピントを合わせるとき、水晶体の膨らみや虹彩の伸び縮みを調整しますが、この機能がうまくいかなくなると近視や乱視などの症状が生じてしまい、視力が低下します。

レーシックは角膜の部分を薄く削ることによって屈折率を変え、今までピントを合わせることができなかったものをくっきりと見ることができるようにする手術です。ピントを合わせる働きの水晶体や虹彩は正常な状態に戻すのが難しいですが、レンズ自体の屈折を調整することにより、視力を飛躍的に向上させます。

もちろん効果には一定の個人差がありますが、視力0.1の患者が1.5にまで回復した、というケースも見られます。レーシックは1時間程度の施術で済み、入院の必要もなく、成功率も非常に高いのが特徴です。手軽に精度の高い視力矯正を行うことができます。

レーシックは痛みがある?


レーシックを受ける際に気になるのが痛みです。レーシックは角膜をレーザーで削ることで、視力の回復を図る手術です。一見、痛そうに思えるかもしれませんが、実際にはほとんど痛みはありません。まず、レーシックは施術前に目薬タイプの麻酔を使用します。眼球とその周辺の神経を完全に麻痺させますので、施術中は痛みはもちろん違和感も感じないでしょう。

施術後の痛みは個人差がありますが、大抵の場合で1、2日で問題なく日常生活を送れるようになります。麻酔の効果はおよそ1時間で切れ、その際に目にゴミが入った程度のかゆみや違和感を感じる人もいますが、激しい痛みや長時間に渡る炎症などが現れたという例はほとんど見られません。

また、どうしても手術が怖いので全身麻酔を希望する人も中にはいますが、全身麻酔は後遺症を残すリスクがありますので、あまりおすすめできません。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック