レーシック手術の選び方について

手術選びは医師によく相談をして決めましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術の様子


レーシックは基本的に近視の矯正を目的とした施術です。しかし、近年の技術革新に伴い、乱視や老眼、重度の近視などの場合でも治療可能な施術法が確立され、大手クリニックやレーシック専門の医療機関などでは施術を受けることができます。

レーシックを受ける際には各医療機関で必ず適性検査とスクリーニングを受けます。その際、自分の目の症状とそれに最適の手術法を担当の医師と相談し、決定しましょう。

さまざまなレーシックの手術法


レーシックは一般的にはマイクロケラトームと呼ばれる機器を用いて施術を行います。しかし、最近ではこのマイクロケラトームを使わず、イントラレーザーを用いて施術を行うイントラレーシックと呼ばれる手術法が増えてきました。

イントラレーシックは、従来のようにメスで直接角膜を切開しないために安心感があり、特に女性の間で人気が高まっています。また、レーシックは角膜に極薄のフラップ(円盤状の膜)を作ることで屈折率を変え、視力矯正を行う手術法ですが、従来の方法では角膜が薄い人はレーシックを受けることができませんでした。

しかし、近年ではエピレーシック、スーパーPRKなど、最新の医療器具を用いた手術も広まっており、角膜の薄い人でも手術を受けられるようになりました。さらに、ウェーブフロントレーシックと呼ばれる施術も増えてきました

。ウェーブフロントレーシックとは、より精密に眼球形状の状態を検査することで、患者の一人ひとりの角膜の状態に合わせた精度の高い手術を実現できる手術法です。ウェーブフロントレーシックの技術を用いると、角膜の状態が特異な人でも問題なく手術ができますので、例えば乱視と近視が同時に起こっている人や、格闘技経験者などで角膜が一部損傷している人でも視力回復が望めます。

自分に合ったレーシック法を探すには


レーシックの手術法は非常に幅広いですが、自分にどの手術法が最も適当であるかは医師と相談して決めるべきでしょう。ただしその上で、アドバイスを受けたその医療機関で施術を受けるかどうかは別問題です。

特に、エピレーシックやウェーブフロントレーシックなどの特殊なレーシックは専用の機器が必要ですので、それ専門の医療機関を探し、症例数や費用などを比較してから慎重に決めましょう。レーシックに特化した医療機関は東京・大阪などの都市部に集中していますが、特殊なレーシック法に特化した医療機関は案外地方などにも点在しています。まずはしっかりと情報収集をしましょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top