レーシック手術の学割について

レーシック手術に学割はある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリニックによっては、お得な学割制度が用意されていることもあります。レーシック手術を受ける若者が増加したことで、大手クリニックなどを中心に様々な学割プランも増えていますので、ぜひチェックしてみましょう。

レーシック手術は原則的に20歳以上


一般的にレーシック手術は20歳以上でないと受けることができません。それ以下の年齢でレーシック手術を受けても、まだ体が成長段階にあるため、手術後に近視が進行してしまう可能性があるためです。

ただし、クリニックによっては18歳以上ならば手術可能としているところもあります。また、将来の職業上、視力がどうしても必要な場合は特例が認められることもあります。例えば、警察官や消防士などの職業を目指している人です。また、海外留学前や就職活動前などにレーシック手術を検討する学生も多いようです。

学割を受けるために必要なことは?


レーシック手術にて学割を受けるためには、自分が学生であることを証明するために、顔写真入りの学生証などをクリニック側に提示する必要があります。また、学割を利用するかしないかに関わらず、20歳未満の方が手術を受ける場合は保護者の同意が必要となりますので注意しましょう。

学割を実施している具体的なクリニック


実際に学割を実施しているクリニックをいくつか紹介しましょう。

新宿近視クリニック

学生の方は対象施術が1万円割引となります。この他にも、クリニックに訪れるまでの往復交通費を一定金額までサポートする「交通費サポート制度」なども用意されています。

南青山アイクリニック

コチラのクリニックでは毎月先着20名限定で学割を実施しています。通常は33万円のレーシック手術が10万円割り引きの23万円で受けることができる「学生応援プラン」などが人気です。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック