全労済ではレーシック手術の給付金は出る?出ない?

全労済ではレーシック手術の給付金は出る?出ない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

全労済ではレーシック手術に対する手術給付金は支給されません。全労災以外の保険に関しては、以前はレーシックが手術給付金の支給対象になる場合もありましたが、近年はそのような保険は徐々に減少しています。

全労災とはどんな種類の保険?


全労災の正式名称は「全国労働者共済生活協同組合連合会」です。生命保険や損害保険、自動車保険など、一通りの保証が用意されています。全労災の大きな特徴のひとつが、掛け金が他の保険に比べるとリーズナブルだという点にあります。

全労災を運営しているのは非営利目的の協同組合であるため、この安価な掛け金が成立しているのです。事業で余剰金が出た際には、生命保険の契約者に一部が還元されるなどのメリットもあり、人気の高い保険の一種でもあります。

レーシック手術のメジャー化で手術給付金の対象外に


全労災ではレーシック手術は手術給付金の対象外となりますが、それ以外の保険でも年々レーシック手術が対象外に変更されている傾向にあります。昨今はレーシック手術が普及して、手術件数が急増したことが理由になっていると考えられます。

レーシック手術がそこまでメジャーでなかった頃は、レーシック手術で手術給付金が支払われる保険もいくつかありました。自分が加入している保険が古い契約のものであれば、レーシック手術が給付対象になっている可能性もありますので、心当たりがある人は保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

手術給付金以外の補助をうまく活用しよう


手術給付金が手に入らないからといって、予算の都合でレーシック手術をあきらめず、その他の補助でうまく予算面をクリアできないか検討してみてはいかがでしょうか。例えば、確定申告を行えば税金の医療費控除を受けることができます。自分や家族のために一定金額以上の医療費を支払った場合、所得控除を受けられるというシステムです。

また、学生の方に関してはお得な学割制度が適応されることもあります。学割制度を利用するには、顔写真入りの学生証などを手術の前に提示して、自分が学生であることが証明できればOKです。

手術費用が定価から数万円割引になりったり、中には10万円近くもお得になるケースもありますので、ぜひ活用を検討してみましょう。一括の支払いが厳しいという方のために、便利なローンを組むことができるクリニックもありますので、各クリニックのホームページなどをチェックしてみましょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック