保証・割引に関すること

保証・割引に関すること

大手レーシッククリニックなどでは3年〜5年、医院によっては数十年単位で再手術保障を設けているところがあります。レーシックを受けた後に視力が一時的に回復したが、再度近視が進行してしまった、あるいは手術後数ヶ月が経過しても一向に視力が回復しないなどの場合、一定期間中ですと無料で再手術を受けることができる保障のことです。しかし、注意しなければならないのは、レーシックは何度も手術を受けることができないとい...

クリニックによっては、お得な学割制度が用意されていることもあります。レーシック手術を受ける若者が増加したことで、大手クリニックなどを中心に様々な学割プランも増えていますので、ぜひチェックしてみましょう。レーシック手術は原則的に20歳以上一般的にレーシック手術は20歳以上でないと受けることができません。それ以下の年齢でレーシック手術を受けても、まだ体が成長段階にあるため、手術後に近視が進行してしまう...

レーシック手術の費用は、確定申告を行えば「医療費控除」の対象となり、費用の一部が控除される可能性があります。ただし、レーシック手術がこの医療費控除の対象となるかどうかは税務署の判断を仰ぐことになりますので、確定申告の前に管轄政務所に確認をしておきましょう。医療費控除とはどんな制度?レーシック手術の費用は近年大手クリニックを中心にリーズナブル化している傾向にあるとはいえ、それでも平均的に10万円〜3...

全労済ではレーシック手術に対する手術給付金は支給されません。全労災以外の保険に関しては、以前はレーシックが手術給付金の支給対象になる場合もありましたが、近年はそのような保険は徐々に減少しています。全労災とはどんな種類の保険?全労災の正式名称は「全国労働者共済生活協同組合連合会」です。生命保険や損害保険、自動車保険など、一通りの保証が用意されています。全労災の大きな特徴のひとつが、掛け金が他の保険に...

レーシック手術の費用よりも、まずはそのクリニックの実績・症例数を見てみることをおすすめします。実績が発表されていなかったり、症例数が著しく低いクリニックは要注意です。そういった意味では都市圏の大手クリニックを選ぶのが無難かもしれません。また、レーシックを行う医療機関は日本眼科学会認定の眼科専門医が在籍していることが推奨されています。眼科専門医が在籍していないからといって全く信頼がおけない、というわ...

レーシックは基本的に近視の矯正を目的とした施術です。しかし、近年の技術革新に伴い、乱視や老眼、重度の近視などの場合でも治療可能な施術法が確立され、大手クリニックやレーシック専門の医療機関などでは施術を受けることができます。レーシックを受ける際には各医療機関で必ず適性検査とスクリーニングを受けます。その際、自分の目の症状とそれに最適の手術法を担当の医師と相談し、決定しましょう。さまざまなレーシックの...

インフォームド・コンセント(informed consent)とは、医療行為を行う前に、医師から患者に対して具体的な施術法や治療方針などの詳しい説明を行い、患者から理解と同意を得ることを指します。その際に患者が疑問点を解消できなかったり、施術内容に不安を感じた場合には第三者の意見を参考にする(セカンド・オピニオン)ことも可能です。レーシックにおけるインフォームド・コンセントとは?レーシック手術を受...

page top