レーシック用語集

レーシック用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックについて理解を深める上で、最低限抑えておきたい専門用語について解説をしています。

レーシック

レーザーで角膜を削ることでレンズ(水晶体)の屈折率を調整し、視力の回復を図る近視矯正手術のこと。

角膜

眼球の外側を覆っている組織のこと。

レンズ

目の水晶体のことを業界用語でレンズと呼ぶ。水晶体がレンズと呼ばれる理由は、カメラのレンズと同じ役割をしているから。

フラップ

角膜を削った上に設置する丸いフタのことをフラップと呼ぶ。レンズの屈折率を調整する役割をしている。

近視

近くはよく見えるが、遠方になればなるほどよく見えなくなる症状のこと。

レーシック難民

レーシック手術を受けた後で後遺症を患い、放置されている状態の人のこと。レーシック難民の背景には、医師の技術不足や術後の保証不足など、さまざまな問題が混在している。

クリニック

レーシック手術を受けることができる医療機関のこと。

インフォームド・コンセント

目の状態や選ぶべき手術について、医師が患者によく説明をした上で、患者から同意を得ること。

合併症

レーシック手術を行ったことが原因で発症する感染症やドライアイなど後遺症のこと。

格安レーシック

一般的な相場よりも格段に費用が安いレーシック手術のこと。その安さゆえに技術的な問題も多く、問題にされることもしばしば。

手術給付金

レーシック手術を受けた後で生命保険会社から支給される補助金のこと。

医療費控除

年末調整や確定申告偽にレーシック費用を控除することができる税優遇制度のこと。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック