レーシックで視力はどのくらい回復るのか?

レーシック手術でどのくらい視力が戻る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力が回復した眼


レーシック手術の効果は一般的に非常に視力回復効果が高いと言われており、実に9割以上の人が視力が1.0以上まで回復します。視力がどこまで回復するかについては、手術前の近視の程度のよって大きく左右されます。手術前の視力が0.01以下の強度の近視の方の場合は、視力は回復するものの手術後の視力が1.0まで回復しないことがあります。

近視の程度によって視力回復の度合いが変わるのはなぜ?


近視の程度によって視力の回復に違いが出てしまう理由は、角膜を削る量にあります。強度の近視の人ほど、レンズの屈折率を調整するために角膜を厚く削る必要あるのですが、削ることができる角膜の厚さには限りがあります。

そのため十分に角膜を削ることができないと、視力が1.0以上に回復するまでレンズの屈折率を調整することができないことがあります。角膜の厚みには個人差がありますが、一般的には強度の近視の人ほど視力が十分(1.0以上)に回復しないことが多いです。

強度の近視の方でもレーシック手術は受けるべき


では、強度の近視の方はレーシック手術を受けるメリットが無いのか?そんなことはありません。仮に視力が1.0以上まで回復しなかったとしても、0.8ないし0.9くらいまでなら視力の回復は見込めます。一般的に0.8以上の視力があれば問題なく裸眼で生活ができると言われています。

強度の近視の方は、よく医師に相談をして「どこまで視力の回復が見込めるのか?」を確認しておく必要があります。「1.0以上まで視力の回復が見込めないのであればレーシック手術は受けない!」というのも1つの判断ですが、「視力が0.8くらいまで回復するなら手術を受けよう!」というのも1つの判断です。

レーシックの種類によっても視力回復の度合いは違う


一般的なレーシックや最近人気のイントラレーシックは比較的早期で視力が回復しますが、エピレーシックなどの特殊なレーシックはそれらと比較して、やや視力回復が遅いと言われています。特にエピレーシックはフラップのキズが回復するのに時間がかかるため、じっくりと時間をかけて視力も向上していきます。

と言っても、1ヶ月から3ヶ月程度で効果が出る場合がほとんどですが、「レーシックは1週間程度で効果が出るはずなのに、2週間経っても自分はなぜか効果が出なかった」と考えるのは早とちりかもしれません。

レーシックの種類によって視力回復の速度も度合いも異なりますので、ある程度辛抱強く待ちましょう。また、レーシック手術後は必ず3回以上の定期検診がありますので、視力回復に不安を感じるならばその際に担当医に相談してみましょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック