レーシック手術の費用について

レーシック手術の費用は20万円前後が相場

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術器具


レーシックの費用は、施術を受ける医療機関や手術の種類によって異なります。その相場は、両眼でおよそ25万円〜30万円程度の場合が多いですが、中には10万円以下、40万円弱のところも見られます。

レーシックの費用の差が生じるのには理由があり、これはレーシックが「自由診療」であることと関係しています。自由診療とは健康保険適用外の医療行為を指し、例えば美容形成外科などがこれに該当します。

レーシックは健康保険適用外


健康保険は基本的に生命の維持に関わる場合、診察を受けないと健康を著しく損なう場合などに適用されますが、レーシックや美容整形は当然ながらこれらに該当しません。こうした自由診療は料金の設定上限が基本的にはなく、各医療機関が自由に設定することができます。

ですので、安定した患者数を確保することができる大手クリニックは低価格でも元が取れるために安くなりがちで、それに対してレーシックを片手間に行っている眼科などはどうしても高くなりがちです。

■PS.レーシックの費用は高額なため、キャッシングを利用して、施術を受ける方も増えています。キャッシングの利用条件や利用方法などについて詳しく知りたい方は、キャッシングまるわかりを参照ください。

レーシックは医療費控除を受けられる?


レーシックは医療費控除の対象となります。医療控除とは、毎年1月1日から12月31日までに本人または扶養家族の支払った医療費が10万円を超える際に、確定申告で税金の還付を受けられる制度を指します。具体的な控除額は、実際に支払った医療費から保険金と基本控除額の10万円を引いた金額となります。

控除額の上限は最大で200万円ですが、上記からも分かるように所得や保険金、実際の医療費などにより大きく左右されますので、一度最寄りの税務署に問い合わせてみると良いでしょう。また、当然ですが確定申告の際には医療費の領収書またはレシートが必要となりますので、レーシックを受けた際には必ず保管しておきましょう。

レーシックは保険を使える?


レーシックには社会保険の適用が効きません。レーシックは基本的に視力を矯正するためのもので、重大な病気や生命に関わる事故などに対する手術とは異なります。そのため、美容整形などと同じく自由診察扱いですので、社会保険が適用されません。

しかし、最近では日本でもレーシックが非常に一般的になってきましたので、保険会社の中には個人で加入するタイプのレーシック対応保険も徐々に増えてきています。これらの保険はレーシック費用が全額支給されるわけではありませんが、大部分をまかなうことができます。

ただし、個人で加入する医療保険や生命保険は、加入をしてから2年以上が経過しないと、治療費が支給対象外のものがほとんどです。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック