レーシック手術後の定期検診

レーシック手術後の定期検診とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

定期検診を受けている眼


レーシックの手術後、眼の経過を調べるために定期検診を行います。定期検診の回数は医療機関や施術内容によって異なりますが、最低でも3回、多くて6回のケースが多いでしょう。最初の3回の定期検診はどの場合でも似た内容ですので、詳しくご紹介しましょう。

1回目の定期検診


1回目の定期検診は、レーシック手術を受けた翌日にあります。視力の回復度合いや感染症のチェック、痛みや違和感がないかをチェックします。1回目の検診は、術後に行われる検診の中でも1番重要です。どんなに忙しくても必ず受診しましょう。尚、1回目の検診で問題がなければ、その日から入浴が可能になります。

2回目の定期検診


2回目の定期検診は、レーシック手術を受けた日から1週間後に行われます。検査の内容は基本的に1回目と同じです。この時期になると、視力も落ちついてきます。2回目の検診が終わったタイミングで、スポーツやアイメイクを許可されることことが多いです。

3回目の定期検診


3回目の定期検診は、手術から約3ヶ月後に行われます。このタイミングで眼に以上がなければ、レーシック手術はほぼ成功したといってもよいでしょう。ただし、稀にドライアイや光が必要以上にまぶしく見えてしまうグレア現象を発症していることもあります。これらの合併症はあくまでも一過性のものですが、そのような症状が合った場合は、必ず医師に相談をしましょう。

定期検診の注意点


レーシックは手術を受けて終わりではありません。手術を受けた後の眼をしっかりとケアできこそ、レーシック手術に成功できたと言えます。稀に手術を受けた後に定期検診に行かない方がいらっしゃるのですが、賢明な判断は言えません。なぜなら眼の回復が順調かどうかは、医師にしか判断ができないからです。

また、レーシック手術には保証がついていることが多いのですが、保証が適用さえるのは定期検診をしっかりと受けた場合に限られます。万が一眼に異常が出てしまった場合、定期検診に参加していないと、自己負担で診察を受けることになってしまいます。

どんなに忙しくても定期検診は必ず受診しましょう。それと、視力の向上のスピードには個人差がありますので、施術後にすぐ視力が1.5まで回復するケースもあれば、数ヶ月かかる場合もあります。施術後に視力があまり変わらないからといってむやみに心配せず、3回の定期検診を目安に根気よく様子を見ましょう。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック