緑内障とレーシック手術の関係について

緑内障でもレーシック手術は受けられる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

緑内障を発症している人は、通常のレーシック手術を受けることができません。しかし、程度にもよりますが、「PRK」と呼ばれる術式であればレーシック手術が可能です。

緑内障は神経が眼圧によって圧迫されてしまう病気


緑内障とは、眼球の後方にある「視神経」と呼ばれる神経が眼圧によって圧迫されることで、視野が狭くなってしまうという病気です。緑内障の原因は、眼内にある「房水」という液体がうまく外に排出されないため、眼球内の圧力が必要以上に高くなってしまうからだと言われています。

しかし、なぜこのような現象が発生するのか、正確な理由が分からないケースが多いようです。正確な理由が分からないということは予防にも限界がありますので、定期検診などを行って早期発見につとめることが大切です。

吸引による眼圧上昇がリスクに


緑内障にかかっている人は、基本的にレーシック手術を受けることはできません。レーシック手術を行う際には、角膜を削って「フラップ」というフタ状のものを形成します。このフラップを作成する際に、眼球を固定するために眼球を吸引します。

この吸引によって、一時的ではありますが眼圧が上昇してしまうのです。緑内障の人は高い眼圧によって視神経が圧迫されている状態にあるので、吸引によってさらに眼圧が高まると、視神経にダメージを与えてしまう可能性があるのです。

PRKという術式を採用すれば、レーシッック手術が可能


しかし、緑内障の人が絶対にレーシック手術を受けることができないというわけではありません。PRKという術式を採用すれば、レーシッック手術を受けることができるのです。PRKとは、通常のレーシック手術とは異なりフラップを作成しません。

つまり、フラップ作成時の眼圧上昇の心配がないので、緑内障患者でも安心してレーシックを受けることができるのです。ただし、クリニックによっては緑内障の程度があまりにも重度であったり、何かしらのトラブルを抱えている場合はPRKであっても「手術不可能」と判断されることもありますので、事前にドクターに相談をしましょう。手術の際の眼圧上昇を回避できるだけでなく、

PRKはスポーツをする人にもオススメ


PRKには色々なメリットがあります。例えば、フラップを作成しないということは、通常のレーシック手術のように「術後にフラップがずれてしまう」という心配がないということです。そのため、PRKはスポーツ選手など激しい動きをする人にも適した視力矯正方法なのです。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top