視力0.01以下のレーシック手術について

視力0.01以下でもレーシック手術は可能?

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力0.01以下の強度近視の人がレーシック手術が可能か不可能かは、ドクターに判断をしてもらう必要があります。基本的には、近視の度合いが強ければ強いほど削る角膜の量が増えるため、角膜が厚めの人は強度近視でもレーシック手術を受けられる可能性はアップします。

角膜の厚さによっても手術できる可能性が変わる


レーシック手術は特殊なレーザーで角膜を削って、屈指率を調整することで視力を改善する治療方法です。一般的には近視の度合いが強いほど、削る角膜の量が増えてしまいます。視力0.01は最強度の近視に値するため、かなり多めに角膜を削ることになりますので、元々の角膜の厚さによっても手術が可能か不可能かが変わってきます。

角膜が平均よりも厚い人の場合は、レーシック手術を受けられる可能性がアップします。自分の目の角膜の厚みはクリニックで検査をしてもらわないと分からないことなので、まずはクリニックで事前検査を受けてみましょう。

強度近視の人にオススメの術式は?


レーシック手術には色々な術式が存在しますが、「PRK」や「ラセック」などは比較的薄いフラップを形成するだけで済むので、視力0.01という最強度の近視の人でも手術を受けられる可能性が高くなります。

最新のエキシマレーザーを使用しているクリニックでは、強度近視の人でも、レーシック手術によって100%近くの割合で視力が回復しているというデータもあります。どの術式が自分に合っているのかも、事前にクリニックで相談することが可能です。

視力が回復する見込みがあるか事前にドクターに相談


レーシック手術後にどのくらい視力が回復するかは、眼鏡やコンタクトレンズによって矯正される視力が目安となります。 眼鏡やコンタクトレンスを着用しても視力がアップしない場合は、レーシック手術を行ってもそれ以上の視力回復が期待できない場合もあります。

眼鏡やコンタクトレンズでは視力が改善されなかったという視力0.01の強度近視の人は、レーシック手術を受けたことで視力が回復する見込みがあるのかどうか、事前にドクターに相談するようにしましょう。

もし強度近視によって角膜を大量に削ることになってしまうと、手術後には角膜がかなり薄い状態になっていますので、この状態では再度手術ができない可能性もあります。強度近視の人は再手術ができない可能性もあるというリスクも理解しておきましょう。せっかくレーシック手術を受けても無駄な結果にならないように、事前に色々な説明をしっかり聞いておきましょう!

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top