レーシック手術によるガチャ目治療について

レーシック手術でガチャ目は治る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガチャ目はレーシック手術で矯正することが可能です。レーシック手術は特殊なレーザーを照射して「屈折率」を調整し、視力を矯正する治療法です。左右それぞれ自由に屈指率を調整することができるので、ガチャ目の場合でも、左右同じ視力にすることが可能なのです。

「ガチャ目」とはいったいどんな症状?


ガチャ目は正式には「不同視」と呼ばれ、視力が左右で極端に異なる状態のことを指します。事故などによって左右どちらかの目にダメージを受けてしまった場合にガチャ目になることもありますが、ほとんどの場合は先天的なものが原因だと考えられています。

左右の視力の差は人によって程度が異なりますが、そこまで重症でない場合は、自分自身では自覚ができないこともあります。一瞬「見えにくい」と感じた物が、片目を閉じるとクリアに見えたりすることがあれば、ガチャ目の可能性を含んでいるかもしれませんので要注意です。

早めに矯正をしないと、思わぬ悪影響も?


ガチャ目は放っておくと、目や体に意外な悪影響を与えることがあります。例えば、普段の生活の中で、無意識的に視力が良い方の目ばかりを使うようになる可能性があります。

これによって視力が良い方の目は眼精疲労に襲われ、将来的に視力が良い方の目まで視力が低下してしまうこともあるのです。また、立体感・遠近感・距離感がつかみにくくなり、車の運転などに支障が出る場合もありますし、頭痛や肩こりなどの原因となることもあります。

ガチャ目の矯正方法にはレーシックが最適?


色々な危険性を含んでいるガチャ目は、早めに矯正することがオススメです。ガチャ目は眼鏡やコンタクトレンズでも矯正することが可能です。視力が悪いほうの目にだけ、度入りのレンズやコンタクトレンズを着用します。

これでも基本的に問題はありませんが、片目にだけ度入りレンズを装着すると、視界に違和感を感じる人います。しかしレーシック手術なら、手術が終わった後片目にだけ違和感を感じるようなことはありません。ガチャ目の治療方法として、積極的にレーシックを推進しているクリニックもあるようです。

片眼のみに施術することも可能


レーシック手術は、片眼のみに施術することもできます。片目のみの施術の場合は、料金も割安になることもあり、中には両目の場合の半額で手術を受けられるクリニックもあるようです。ガチャ目に悩んでいる方は、ぜひ一度レーシック手術を検討してみてはいかがでしょうか。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top