レーシック手術による老眼治療について

レーシック手術で老眼は治せるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼も品川近視クリニックの「レーシックカムラ」という最新技術を用いれば、レーシック手術で治すことができます。

老眼を治せるレーシックカムラとは?


レーシックカムラとは、老眼だけではなく、近視や遠視、乱視も治療することのできる注目の治療法です。レーシックカムラの治療方法は、「カムラインレー」と呼ばれる小さなレンズを角膜内に挿入します。カムラインレーは直径3.8ミリ、薄さはわずか5ミクロン程度と、コンタクトレンズに比べても非常にコンパクトなサイズです。

真ん中に小さな穴が開いたリング状の構造をしており、この構造によるピンホール効果で、近くにある物体が見えるようになります。さらにリングの表面には6000個以上の非常に小さな穴が開いています。リングを角膜内に設置した際に、角膜表面から発生する酸素や水分などの循環を滞らせないための設計となっています。

付け心地・見た目共に違和感はナシ!


もちろんカムラインレーの挿入後は、付け心地・見た目共に違和感を感じることはありません。これまで通りの生活を送ることができます。再度手術をすれば、一度装着したカムラインレーを取り出すことも可能です。また、近くの物が見えるようになるだけではなく、遠くを鮮明に見えるようにすることも可能です。

もともと視力が弱い場合は、従来のレーシック治療と同時に受けるとさらに効果的です。これまでの老眼治療は左右の目の見え方に違いが出てしまい、体質によっては負担になることもありましたが、レーシックカムラはその点も安心です。

術後のアフターケアや通院が必要となる場合もあるので、費用は一般的なレーシック治療に比べるとやや相場が高くなります。時間や費用面をしっかりリサーチして、無理のないプランを選びましょう。

従来のレーシック治療では老眼改善は不可能


老眼の治療はレーシックカムラのみで可能となり、従来のレーシック治療では老眼の改善はできません。通常のレーシック治療は、「屈折異常」が原因で起こっている視力の低下を、特殊レーザーで角膜を削ることで矯正するという仕組みになっています。

しかし老眼の原因となるのは「屈折異常」ではありません。老眼は眼の中にある「水晶体」というパーツが加齢と共に弾力が失われたり、機能が低下することによって、近くにあるものが見えにくくなるという現象だからです。場合によっては眼痛や頭痛などの症状につながることもあります。老眼は体質や性別などに関わらず、ほとんどの人が40代〜50代くらいで発症する目の老化現象です。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top