レーシック手術による遠視治療について

レーシック手術で遠視は治せるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックは近視の治療方法と思っている方も多いかもしれませんが、実は遠視もレーシックで治療が可能なのです。

遠視も近視同様屈折異常が原因


レーシックは特殊なレーザーで角膜を削り、屈折異常を改善するという治療方法です。遠視も近視と同様に屈折異常が原因で起こっている症状なので、レーシックで治すことができるのです。最近は遠視専門のレーシック治療に力を入れているクリニックもあります。

ただし、眼鏡やコンタクトレンズでも十分に矯正ができないような重度な遠視の場合は、レーシックの手術が受けられない可能性もあります。しかし、レーシック施術を受けられない場合は、小さなコンタクトレンズのようなパーツを角膜の下に入れる「フェイキックIOL」などの治療法もありますので、専門医に相談をしてみるのも良いかもしれません。

網膜の後ろで焦点が合ってしまう遠視


遠視は近視とまったく逆パターンの屈折異常が起こっています。近視は網膜の手前で焦点が合うことによって起こる症状ですが、遠視の場合は逆で、網膜の後ろで焦点が合ってしまうのです。しかし、近視と違うのは、近視は「近くのものは見えて、遠くのものが見えにくい」という症状なのに対し、遠視は「遠くのものも近くのものも、両方が見えずらい」という厄介な症状が現れるのです。

これは目に大きな負担をかけてしまいますし、日常生活にも様々な支障をきたします。パソコンを使用したデスクワークなど、目を酷使する仕事に就いている遠視の人は、眼精疲労がさらに加速するので要注意です。

老眼と症状は似ていますが、加齢が原因で発生することはなく、むしろ小さな子どもの方が発症率が高いと言われてています。残念ながら未成年はレーシックを受けることができませんが、成人になってからも遠視が改善されない場合は思いきって遠視レーシックを検討してみてはいかがでしょうか。

遠視は自分ではなかなか気が付かないことも!


遠視は軽度の場合は視力が低下することがないので、自分ではなかなか気が付かないこともあります。しかし40歳を過ぎた頃に遠近両方が見えにくくなり、「もしや自分は老眼?」と思っていたら、実は遠視だったというようなケースもあります。

遠視の人は視力検査では良い判定を受けることもあります。「視力が1.0以上あるから、自分は絶対大丈夫!」と油断をせずに、「目が疲れやすい」「たまにかすんで見えることがある」などと違和感を感じた場合は、一度専門クリニックで検査を受けてみるのもオススメです。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top