レーシック手術による乱視治療について

乱視はレーシック手術で治療可能に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックは近視を治療するもの…というイメージが強いのですが、実はレーシックで乱視の矯正も可能です。

乱視も近視と同じく屈折異常が原因


レーシックの仕組みを簡潔に表現すると、「レーザーで角膜を削って屈折率を調整し、屈折異常を改善する」ことです。乱視も近視と同じく屈折異常が原因となって起こる現象ですので、レーシックで治すことができるのです。ちなみに近年の進化したレーシック治療では、近視や乱視だけではなく、遠視や老眼の治療も可能となっています。

近視と乱視両方の症状に悩んでいるという人も、近視治療のレーシックと乱視治療のレーシック、合計二回の手術をする必要はありません。一回の手術で近視と乱視の両方を同時に治療することができるのも、レーシックの魅力です。

「正乱視」と「不正乱視」のどちらも治療可能


乱視の大きな原因となっているのは眼球のゆがみです。乱視には「正乱視」と「不正乱視」という二種類の症状が存在します。正乱視は本来一ヶ所で結ばれるべき焦点が二ヶ所に分散してしまう現象です。そして不正乱視はどこにも焦点が結ばれず、角膜のケガや病気が原因で、角膜表面がでこぼこになっていることが原因で発生することもあります。

もちろんレーシックでは「正乱視」と「不正乱視」のどちらも治療することが可能です。ただし、メガネやコンタクトレンズを用いても視力が矯正できないような重度の乱視の場合は、レーシックの効果が十分に期待できない可能性があります。また、手術自体を受けることができないケースもありますので注意しましょう。

乱視は成人してからも症状が進行することがあります。せっかくお金をかけてレーシック治療を受けたのに、また乱視の状態に戻ってしまうのは勿体ないですよね。できれば少し大人になるまで様子を見るのもオススメです。こういったタイミングに関しては、ドクターに相談をすると良いでしょう。

「ウェーブフロントレーシック」で乱視を治療


近視以上に慎重を要する乱視のレーシック手術には、最新式の「ウェーブフロントレーシック」が用いられることがあります。ウェーブフロントレーシックは、まず手術の前に「ウェーブフロントアナライザー」という機械を使って、乱視の原因となる眼球のゆがみを測定します。

その測定値をもとに、ひとり一人に最適な形でレーザーを照射します。手術もコンピュータ制御で行うので、かなり精度の高い方法です。この治療スタイルの導入によって、より乱視のレーシック治療のクオリティが向上したと言われています。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top