症状別の視力回復の可否について

症状別の視力回復の可否について

老眼も品川近視クリニックの「レーシックカムラ」という最新技術を用いれば、レーシック手術で治すことができます。老眼を治せるレーシックカムラとは?レーシックカムラとは、老眼だけではなく、近視や遠視、乱視も治療することのできる注目の治療法です。レーシックカムラの治療方法は、「カムラインレー」と呼ばれる小さなレンズを角膜内に挿入します。カムラインレーは直径3.8ミリ、薄さはわずか5ミクロン程度と、コンタク...

レーシックは近視を治療するもの…というイメージが強いのですが、実はレーシックで乱視の矯正も可能です。乱視も近視と同じく屈折異常が原因レーシックの仕組みを簡潔に表現すると、「レーザーで角膜を削って屈折率を調整し、屈折異常を改善する」ことです。乱視も近視と同じく屈折異常が原因となって起こる現象ですので、レーシックで治すことができるのです。ちなみに近年の進化したレーシック治療では、近視や乱視だけではなく...

レーシックは近視の治療方法と思っている方も多いかもしれませんが、実は遠視もレーシックで治療が可能なのです。遠視も近視同様屈折異常が原因レーシックは特殊なレーザーで角膜を削り、屈折異常を改善するという治療方法です。遠視も近視と同様に屈折異常が原因で起こっている症状なので、レーシックで治すことができるのです。最近は遠視専門のレーシック治療に力を入れているクリニックもあります。ただし、眼鏡やコンタクトレ...

視力0.01以下の強度近視の人がレーシック手術が可能か不可能かは、ドクターに判断をしてもらう必要があります。基本的には、近視の度合いが強ければ強いほど削る角膜の量が増えるため、角膜が厚めの人は強度近視でもレーシック手術を受けられる可能性はアップします。角膜の厚さによっても手術できる可能性が変わるレーシック手術は特殊なレーザーで角膜を削って、屈指率を調整することで視力を改善する治療方法です。一般的に...

瞳孔が大きい人は、レーシック手術後の後遺症の一つである「ハロ・グレア現象」が発生しやすいので、場合によってはレーシック手術を受けることができない可能性もあります。しかし、レーシック手術が可能か不可能かは人によって異なるので、すぐにあきらめずにまずはドクターに相談してみることをおすすめします。そもそも瞳孔の大きさってどのくらい?瞳孔は目に入ってくる光量に応じてその径を変化させますが、「ハロ・グレア現...

ガチャ目はレーシック手術で矯正することが可能です。レーシック手術は特殊なレーザーを照射して「屈折率」を調整し、視力を矯正する治療法です。左右それぞれ自由に屈指率を調整することができるので、ガチャ目の場合でも、左右同じ視力にすることが可能なのです。「ガチャ目」とはいったいどんな症状?ガチャ目は正式には「不同視」と呼ばれ、視力が左右で極端に異なる状態のことを指します。事故などによって左右どちらかの目に...

page top