レーシック手術を受けた有名人とは?

レーシック手術を受けた有名人

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術


現在では年間で10万人以上の日本国民がレーシックを受けていますが、レーシックが登場した当初は非常にマイナーでした。そんな中、レーシックの火付け役になったのはスポーツ選手や芸能人、歌手で、現在でも多くの有名人がレーシックを受けています。

格闘家の角田信朗さん


格闘家の角田信朗さんはレーシックを受けて成功しています。角田さんは一般的なレーシックとは異なるエピレーシックを受けています。これは通常と同じくレーザー照射によるレーシック手術の一つですが、角膜にダメージがある人や角膜の厚さなどの問題がある場合でも視力矯正が可能な方法です。

通常のレーシックの場合は、角膜を削った上にフラップを作るのですが、このフラップは眼に強い衝撃を受けるとズレてしまうことがあります。そのため、格闘家のように目にダメージを受けがちな場合には、エピレーシックが有効です。なぜなら、エピレーシックの場合は、術後に設置したフラップが時間の経過とともに剥がれ落ち、新しい角膜が再生されるからです。

野球選手の松坂大輔さん


野球選手の松坂大輔投手もレーシックを受けています。レーシック前も松坂投手の視力は両目共に0.05とかなり悪く、野球をするのには決して良くない状態だったと言われていました。

それがレーシック手術を受けたことで、視力が劇的に回復してよりプレイに集中できるようになった言われています。松坂以外にも多くのプロ野球選手がレーシックを受けて、視力の回復に成功しています。プロ野球界ではレーシックを受けるのが当たり前になってきているくらいです。

プロゴルファーのタイガーウッズ氏


世界的に有名なプロゴルファーのタイガーウッズ氏もレーシックを受けています。タイガーウッズ氏は、抜群のゴルフセンスを兼ね備えているものの、強度の近視に以前から悩まされていました。

僅かに狙いがズレただけでも勝敗を左右してしますゴルフの世界では、目が悪いのは致命的であり、タイガーウッズ氏は短期間でほぼ確実に視力回復が見込めるレーシック手術を受ける決意をしました。レーシック手術を受けてから、よりプレイの精度が上がったと言われています。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック