生命保険会社からの手術給付金について

レーシックの際に支給される手術給付金とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックの仕組み


レーシック手術は、生命保険や医療保険の手術給付金の対象であることが多いです。保険の契約の内容にもよりますが、基本的にはレーシック手術を受ける2年以上前から生命保険に加入をしていれば、手術給付金が支給されるケースが多いです。

もちろん、全ての保険契約が手術給付金の対象とるなるわけでありませんが、保険会社に確認すらしないのはもったいないです。保険会社から手術給付金が支給されれば、間違いなくお得にレーシック手術を受けることができます。

レーシック手術給付金の金額は?


実際に支給される金額は保険会社によって若干差はありますが、レーシック手術の場合は入院日額の10倍に設定されているケースが多いです。つまり、入院日額5,000円であれば、5,000円×10倍=50,000円となります。また、片目ごとの施術に対して支給される場合もあります。

手術給付金を受けるための手順は?


@保険会社に問い合わせる

まずは保険会社にレーシックが手術給付金の対象であるかどうかを問い合わせましょう。もし、現在の保険契約が手術給付金を受け取れる対象だった場合は、手術給付金を受け取るまでの流れを合わせて確認しましょう。

A診断書を作成してもらう

多く場合は、手術給金を受け取るためには医療機関での診断書が必要になります。診断書の作成には別途費用(約3,000円)が必要になりますが、手術を受ける医療機関に頼んで作ってもらう必要があります。

B診断書を保険会社に送付

医療機関で作成をしてもらった診断書を保険会社に送付します。この時にほとんどの保険会社では、手術給付金の請求書も必要になります。診断書と合わせて保険会社に送付をしましょう。手術給付金が支給されるのは保険会社によもよりますが、1カ月程度のところが多いです。

保険契約について


自分が加入している生命保険や医療保険が、手術手術給付金の対象かどうかを調べるのが面倒な場合は、保険契約時に配布された保険小冊子を確認しましょう。ほとんどの場合は、小冊子に手術給付金の支給対象について、しっかりと記載されています。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック