レーシック手術が受けられる年齢について

レーシック手術が受けられる年齢とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック手術を受けることのできる年齢は、一般的に「18歳以上65歳以下」と設定されています。ただしクリニックによっては20歳以上60歳以下など、微妙に規定が異なる場合もあるので、自分の年齢に不安がある人は事前に確認してみましょう。

なぜ18歳以下はレーシック手術を受けることができないのか?


18歳以下の人は、まだ体全体が成長過程にあります。眼球も同様、まだ成長の途中なので、視力が不安定な状態にあります。そのため、せっかくレーシック手術で近視を一時的に矯正をしても、再度近視が悪化して、視力がすぐに低下してしまう可能性があるのです。

せっかく時間と費用をかけて手術を受けても、無駄になってしまうのです。ある程度の年齢になって、「これ以上近視が進行する可能性は低い」という状態になったら、レーシック手術を受けることが理想的です。人の成長速度はさまざまですので、18歳以上であっても視力が不安定なこともありますので、事前に医師と相談をしてから決めると良いでしょう。

ちなみに、レーシック手術に限らず、どんな手術であっても20歳以下の未成年の場合は保護者の同意がない場合は手術を受けることができません。18歳以下であっても、警察官や消防士を目指している、スポーツ選手として活躍したいなど、将来の職業上の理由でどうしても視力を矯正する必要がある場合、手術が可能になることもあるので保護者やクリニックに相談をしてみましょう。

なぜ65歳以上はレーシック手術を受けることができないのか?


65歳を越えた頃から、徐々に白内障などのトラブルが発症しやすくなります。白内障は主に目の老化が原因となって発生する病気で、白内障にかかるとレーシック手術を受けることはできません。もちろん、65歳以上の人でも白内障が発症していなければレーシック手術を受けることができる可能性もありますので、検査を行った上でドクターと相談をしてみましょう。

若いうちは回復も早く矯正視力への適応もスムーズ


個人差はありますが、多くの人間が40歳を過ぎた頃から徐々に老眼の症状が現れるようになります。せっかくレーシック手術を受けて若い頃からの近視を改善したのに、その後老眼症状によって、結局老眼鏡を着用することになってしまう可能性もあります。

一般的には、年齢を重ねれば重ねるほど、レーシック手術を受ける際には事前にドクターとしっかり相談をして、メリットやデメリットをしっかりと理解してから決定することをオススメします。若いうちは手術後の回復も早く矯正視力への適応もスムーズですので、迷っている方はなるべく早い段階で決断をした方が良いかもしれませんね。

レーシック医院の人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック