適応条件に関すること

適応条件に関すること

レーシック手術が受けられる年齢とは?

レーシック手術を受けることのできる年齢は、一般的に「18歳以上65歳以下」と設定されています。ただしクリニックによっては20歳以上60歳以下など、微妙に規定が異なる場合もあるので、自分の年齢に不安がある人は事前に確認してみましょう。なぜ18歳以下はレーシック手術を受けることができないのか?18歳以下...

≫続きを読む

 

断乳後はいつからレーシックが受けられる?

断乳後はすぐにでもレーシック手術を受けることが可能です。妊娠中や授乳中は、お母さんの体内の女性ホルモンが不安定な状態にあり、それによって視力に変動が生じる可能性もあるため、レーシック手術を受けることができません。しかし断乳の時期になると、女性ホルモンのバランスも比較的安定してくるため、レーシック手術...

≫続きを読む

 

ピルを服用中でもレーシックは受けられる?

ピルを服用している女性でも、レーシック手術を受けることができます。ただし、ピルのを服用をストップしてしまうと体内の女性ホルモンのバランスが崩れてしまうので、レーシック手術が終了するまではピルを服用し続ける必要があります。ピルってどんな薬?まずは、ピルがどんな薬品なのかを理解しておきましょう。ピルは、...

≫続きを読む

 

外国人でも日本でレーシックを受けられる?

外国人でも、国籍を問わず日本国内でレーシック手術を受けることは可能です。日本で勤務している外国人ビジネスマンや、留学中の外国人学生が日本のクリニックでレーシック手術を受けるケースは多々あるようです。ただし、レーシック手術の説明を受けるときや契約書類を記入するときに、日本語が理解できないと困ってしまい...

≫続きを読む

 

レーシックを受けると住宅ローンが組めない?

住宅ローンを組む際に、レーシック手術がまったく関係が無いとは言えません。これは、住宅ローンを組む際に加入する「団体信用生命保険」の存在が影響してきます。ただし、レーシック手術を受けたからといって、必ずしも住宅ローンが組めないとうわけではありません。あくまでもレーシックを受けたか否かは「審査基準のひと...

≫続きを読む

 

レーシックを受けた場合でも警察官になれる?

レーシック手術を受けた場合でも警察官になることはできます。良好な視力は警察官の採用基準の一つ警察官になるには、良好な視力がマストになります。なぜなら、「裸眼視力」又は「矯正視力」が一定以上の数字でなければいけないというのが、警察官の採用基準の一つだからです。視力が足りないと、例え筆記試験をクリアした...

≫続きを読む

 

 
レーシック費用の比較 品川近視クリニック 新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック